カテゴリー
UNIX/Linux

MacPortsをクリーニング

MacPortsで入れているソフトウェアをアップグレードしていくと、その残骸であるテンポラリファイルや古いバージョンで塵が積もるようにディスクスペースを圧迫してきます。たまにクリーニングしてあげることですっきりさせてあげましょう。
まずはディスクスペースをどれくらい使っているかの確認
du -sh /opt
次にテンポラリファイルの整理
sudo port clean –all installed
そして古いバージョンの整理
sudo port -f uninstall inactive
あまりソフトウェアを入れていない私の環境でも591M => 347Mに節約できることが出来ました。アップグレードの度にクリーニングを行っているのでこれくらいで収まっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です