カテゴリー
iOS ひとりごと

iOSでMarkdownリンクを取得

待望のiPad Pro Magic keyboardが近々届くのでiOS環境でブログ記事を書く環境を整えておこうと画策中。とりあえずはiPad ProでHHKBを使いテキストを書いて日本語入力のクセを知るためこの文章を書いてます。ライブ変換のショートカットキーはほぼMacの環境を引き継いているが変換途中の確定のcrt+Mが変な動作をする。確定ではなく改行の動作をする。なのでその度に取り消しをして戻る操作をするのでストレスになる。しかし、iOSでライブ変換が使えるようになったことはとても嬉しいし入力スピードが向上したと思う。

と、前置きが長くなりましたがiOSでMarkdownリンクを取得するにはどうしたらいいか?を考えたらアプリを入れるよりもショートカット.appを使ってやれば良いんじゃねぇってことに思い当たったので作ってみました。

  • Markdown Link
    このショートカットはWEBページのタイトルとURLを取得してMarkdown形式にしてクリップボードへ書き出してくれるものです。使い方はWEBページを表示させた状態で「共有」ボタンを押して「共有シート」を表示させ「Markdown Link」項目をタップまたはクリックするだけです。

インストールは上の画像を参照しながらショートカットを作成してもいいし、作成が面倒な方はリンク先からインストールするといいでしょう。ただ、リンク先からのインストールには「設定」>「ショートカット」>「信頼されていないショートカットを許可」を有効にしておかないとインストールできません。インストール後は再び無効にすることをお勧めします。

カテゴリー
iOS

Ulysses 2.6がリリース

テキストエディタとして活躍しているUlyssesがアップデートされました。今回の目玉はWordpressへの出力対応となります。待ちに待ったアップデートです!これでテキストをコピペして投稿という手間が省かれます。

細かなところではイメージを貼り付けた状態をプレビューで確認できたりと痒い所に手が届く内容となります。投稿テストでこの記事を出しておきます。
投稿した記事の修正は直接Wordpressをいじらなければいけないようです。

カテゴリー
iOS iPhone/iPod touch OS X

iPhoneからデスクトップへ

iOS8がリリースされ新機能に対応したアプリケーションが続々とリリースされています。そんな中、Panic社から親しみやすいインターフェイスで高機能なファイル転送アプリケーション「Transmit iOS」がリリースされました。iOS8のリリースに合わせ作られただけあってiOS8の新機能を存分に取り入れた仕上がりとなっています。なかでも「アプリケーション拡張機能」はとても便利な機能ではないでしょうか。たとえば、「写真」appで見ている写真をMacのデスクトップへ保存したい! などiOS8のアプリケーション拡張機能に対応しているアプリケーションから即座にTransmit iOSが対応している場所へ取り込むことができます。また逆にMacのデスクトップにあるファイルをTransmit iOSのDocumentsに取り込むこともできます。取り込んだファイルをiPhoneアプリで編集して、また戻すこともできるようですがバグなのかファイルを別アプリで開こうとすると落ちるようです。ここは今後に期待ということで今を楽しみましょう。
では、Macとのファイル共有について説明します。

  • 「システム環境設定」>「共有」>「リモートログイン」を有効にします。
リモートログイン画面
  • 「アクセスを許可」のところで「次のユーザのみ」で下にある「+」ボタンを押して適当なユーザを登録してください。
  • アクセスするアドレスをメモします。”ssh [email protected]″ 部分の “192.168.126” をメモ。
  • Transmit iOSを開き、クイック接続からURLスキームが “SFTP” であることを確認し「アドレス」に “192.168.1.26” を入力、「ユーザ名」「パスワード」は先ほど許可したユーザ名とパスワードを使います。
Transmit iOS 画面
  • 接続できることを確認したら「この接続を保存する」ボタンで保存します。
  • 設定項目を開き、「ファイル」の「ルートパス」をお好みの場所に指定します。

これでMacとのファイル共有ができるようになりました。では、iPhoneの「写真」appから写真を転送してみましょう。
1. 「写真」appを開き、転送する写真を表示します。
2. 左下にある「四角矢印」ボタンをタップし「Transmit」をタップします。もし、見当たらない場合は「その他」ボタンをタップし「Transmit」を有効にします。
3. 「Transmit」が起動します。先ほどの設定項目からアップロードを行います。
いかがですか? とっても簡単にファイル共有ができましたね。ヒントを頂いたyamaqさんに感謝!

カテゴリー
HTML/CSS iOS OS X

HTMLのsrcset属性が次期Safariで実装されるかも?

srcset属性とは、表示する環境に応じて画像を指定できる属性です。例えばRetinaディスプレイだと解像度が高い画像を表示させ、一般的なディスプレイだと標準解像度の画像を使用する、iPhoneなどの表示横幅が狭い時にはサムネイル画像を使用する。などのことをスクリプトやメディアクエリーを使わずに実装できるのです。しかもimg要素を拡張する形で行われるので手間がかからなくていい。

<img src="normal-image.jpg" srcset="better-image.jpg 2x">

間もなくリリースされるiOS 8やOS X Yosemiteに実装されるSafariでは、この属性が使える可能性が高いです。

カテゴリー
iOS

iOS7のカメラ機能

iOS7がリリースされて少し経ちました。いろいろと変わっている部分があって戸惑っているんじゃないでしょうか。今回はカメラ機能(カメラアプリ)について書いてみたいと思います。

カメラを起動する項目が1つ増えました。これまではロック画面から「カメラアイコンを上にフリック」とカメラアプリをタップして起動の2つでした。そこに「コントロールセンター」からもカメラ機能を起動できるようになりました。「コントロールセンター」はiOS7からの新機能で画面下辺を上にフリックすると現れ、操作の切り替えや制御が出来るようになっています。その「コントロールセンター」にカメラボタンが追加されています。

視野率100%になった。iPhone5+iOS6の組み合わせに限られるんだけど、カメラアプリで表示されている範囲は3:2の比率なのに、実際の写真は4:3の比率でした。なのでカメラアプリで見ているよりも上下が少し広く写っていました。iOS7では見えている範囲と写っている範囲が同じになったのでいろいろ考えなくてよくなった。

シャッターボタンの動作が変わった。iOS6までは「シャッターボタンを離した瞬間にシャッターが切れていた」のに対して、iOS7ではシャッターボタンを押したままにしておくと「連写」撮影になってしまった。これは困った。オプションで「連写」と「連写なし」を選べるようにして欲しかった。シャッターボタンをタップで撮影すると手ぶれを起こしそうな気がする。そのため、iOS7では「自動手振れ補正」機能が付いたのかもしれないがどこまで信用できるかわからない。じっくりと撮りたい時は市販アプリを利用するしかないみたい。

あと、グリッドのオン/オフが設定アプリへ移りました。そうそうオン/オフを切り替えることがないのでこれはいいかな。

使い始めて気になった点を書いてみた。

カテゴリー
Applications iOS

Google Authenticatorがアップデート

Google Authenticatorとは、Google認証システムをGoogleアカウントの2段階認証プロセスで通常のパスワードとは別に必要となる確認コードの生成をするアプリです。今回のアップデートでは「RetinaディスプレイとiPhone 5のサポート」「ユーザーインターフェースの改良」などの改良が施されています。が、しかし、アップデートを行うとこれまで登録してきた2段階認証プロセス設定情報が消えてしまうようです。復元は難しいようで、再設定をしなければなりません。

再設定? そんな昔のことは忘れたぜ。って方に再設定手順のご紹介。

  1. Googleアカウントへログイン
  2. 右上のアバターをクリックして「アカウント」ページを表示
  3. 左サイドメニューより「セキュリティ」ページを表示
  4. 2段階認証プロセスと書かれた右横にある「編集」リンクをクリック
  5. コードを受け取る方法のところでモバイル アプリケーションにある「iPhone」リンクをクリック
  6. 表示されたパネルにあるバーコードをiOSアプリでスキャンして登録完了

google-authenticator

追記:2013-09-04T19:08+09:00
アプリへのアクセスが出来ないため修正版がリリースされるのかもしれません。
追記:2013-09-07T18:15+09:00
修正版がリリースされました。[App Store]
以前の設定も引き継がれています。

カテゴリー
Apple iOS iPhone/iPod touch

iPhoneカメラを使う

いつも持ち歩くiPhoneだから写真を利用してライフログ的に残している方も多いのではないでしょうか。写真共有サービスのflickrのブランド別順位(2013-08-21)でCanon, Nikonに次いでAppleが来ていることから世界中でどれだけ使われているか、ってことですよね。

さて、iOS6にビルトインされているカメラアプリは万人向けに用意されたとても簡単に利用できるカメラアプリです。カメラの知識がなくてもシャッターボタンを押せば記録が残せます。しかし、ちょっとカメラのことに詳しくなるともっときれいな写真が撮れるようになります。

重要となるのが焦点(ピント)と露出(明るさ)の2点です。

焦点とは被写体がはっきりくっきり見える部分ですね。「ピントが合っている」とか「ピントが外れている」とか云ったりします。焦点がどうやって決まるかというと被写体との距離です。よく勘違いされるのが焦点は点ではなく面であることです。iPhoneの裏面と平行して、目の前に大きな見えない壁があるように想像してください。その壁の面に焦点が合います。焦点を合わせづらい時は同じ距離の別のものに焦点を合わせれば「ピントの合った」写真になります。また、壁の厚みを被写界深度と云います。ピントが合って見える部分です。これはまた別の機会に。

露出とは写真全体の明るさのことを云います。撮った写真が見た目と違って、暗かったり明るかったりした経験がありませんか? 明暗差がないところでは起こらないのに、明暗差がある屋外とかで起こります。これはカメラが人間の目より明暗差を認識できないまたは表現できないために起こります。これを解決するために、明るい写真と暗い写真、その中間の写真の3枚を撮影して合成することによって人間の見た目に近づける技術をHDR(ハイダイナミックレンジ)と云います。ただ3枚を同時に撮影するので時間がかかります。なので被写体が動くものだとぶれた写真となりますので静止しているのが条件となります。

前置きが長くなりました。iOS6ビルトインカメラアプリの説明をします。

iPhone-5-Camera

起動

普通にカメラアプリをタップして起動する他にロック画面からカメラアプリが起動できます。素早くカメラ撮影する状態になり、撮り逃がしたりしません。方法は、右下の「カメラアイコン」を上にスワイプさせます。

シャッター

シャッターボタンは押した時にシャッターが切れるのではなく、シャッターボタンから指を離した瞬間にシャッターが切れます。指をパッと離すと手ぶれの原因になりますので、ゆっくりホームボタン方向へスライドするようにします。

iPhone純正イヤフォンApple EarPods with Remote and Micを持ち歩いてる方は音声調整ボタン[+] [-] を押すとシャッターが切れます。純正以外でも対応しているイヤフォンだと使えます。私が愛用しているATOMIC FLOYD SuperDarts + Remoteは動作確認しています。

焦点と露出

カメラが焦点を合わせて露出を設定している場所に青色の長方形が短時間表示されます。長方形が消えたら「焦点が合って露出が設定された」ことになります。カメラを動かすと焦点と露出の設定をやり直します。人物の写真を撮る時は、顔検出機能により10人までの顔に焦点が合わせられ、それらの顔の間で露出のバランスが調整されます。検出された顔に緑色の角丸四角形が表示されます。

中心以外に焦点と露出を合わせたい場合は、そこをタップします。顔検出機能が一時的にオフになります。焦点と露出をロックするには、長方形が波打ち始めるまで画面をタッチしたままにします。「AE/AF ロック」が画面の 下部に表示され、再度画面をタップするまで焦点と露出がロックされたままになります。

HDR写真

HDRをオンにするには、画面上部にある「オプション」をタップしてから、HDRを設定します。HDRがオンの場合には、フラッシュは オフになります。デフォルトでは、HDRバージョンの写真に加え、通常の写真も保存する設定になっているので、変更したい場合は「設定」>「写真とカメラ」>「通常の写真を残す」で設定できます。HDR写真は「カメラロール」アルバムでコントロール付きで表示しているときに、HDR写真の 左上隅に「HDRアイコン」が表示されます。

私は常時この機能をオンにした状態で使用しています。

いかがでしたか? 知っているようで知らない部分があったのではないでしょうか。しかし、ビルトイン・カメラアプリではどうしても機能的に不足している、と感じられる方はProCameraCamera+がオススメです。

カテゴリー
Apple iOS iPhone/iPod touch Mac OS X

好きな写真だけフォトストリーム

2011年10月よりiOS 5.0と共にサービスが開始されたフォトストリーム。iOSデバイスで写真を撮影すると、iCloud経由ですべてのデバイスに自動的にプッシュするサービスです。登場当初はとてもありがたいサービスだったんですが、塵も積もれば…… で必要のないものまで転送されてきてデバイス容量を圧迫してました。途中からApertureがフォトストリームに対応してからというもの、大量の写真がiPhoneに流れてくるようになりました。200枚から300枚が一斉に流れてくるのでiPhoneで最近撮影したお気に入りを探すのが大変になったのです。フォルダに振り分けていれば直に見つかるんでしょうが、すべてがそういう訳には行きません。

フォトストリームが便利なのはよくわかっています。ただ、すべての写真ではなく共有したい写真だけに出来ないか? と、ずーっと考えてました。そうだ! 共有フォトストリームを利用したらどうだろう。という結論に辿り着きました。共有先を自分自身にすればいいじゃん!

フォトストリーム・オプション

フォトストリームにはオプションが用意されていて、「自分のフォトストリーム」と「共有ストリーム」が用意されています。「自分のフォトストリーム」を無効にして、「共有ストリーム」を有効にしておけば大量の写真が流れてくることを防げます。やり方は写真アプリで[カメラロール]を表示させた状態で右上にある[編集]ボタンを押します。共有したい写真をタップします。タップするとチェックマークが付きます。(複数枚でも可)左下の[送信]ボタンを押して[フォトストリーム]を選びます。[フォトストリームに追加]画面になりますので、[新規フォトストリーム…]をタップして作成します。[宛先:」は自身のiCloudアカウントに使用しているメールアドレスがいいですね。[フォトストリーム名]は「写真共有」などわかりやすい名前にしておくといいでしょう。[次へ]ボタンを押すとフォトストリーム投稿画面になるので[投稿]ボタンを押して共有完了です。

共有フォトストリーム

他のデバイスで写真アプリを開きフォトストリーム一覧を開き、先ほど指定した共有フォトストリーム名をタップすると写真が表示されます。どうです?

カテゴリー
Applications iOS

Any.DOのTodoとカレンダー

Any.do | Good day. Every day.という会社が提供しているAny.do To-do list – for Android, iPhone & ChromeAny.do Cal – Your life. Your calendar.がすばらしくいい!! こんなアプリを無料で配っていいの? ってくらい最強ではないだろうか。

美しいインターフェイスに一目惚れ。使ってて楽しいアプリ。機能もさることながら見た目って大事ですよね。紹介ビデオを見て、触ってみれば大方マスターできるのではないでしょうか。

Cal(カレンダー)は純正カレンダーの設定を引き継いでくれるので新たに登録したりする手間が必要ありません。すぐに使い始められます。Any.DO(Todo)はSiriのような音声によるテキスト入力が可能で精度もなかなかのものです。Calと連携できているのでiPhoneを横表示にするとカレンダーとTodoの予定が一覧できて便利です。そして、秀逸なリマインダー機能「Any.DOモーメント」があります。指定した時間になると未処理タスクの確認をしてくれます。このタスクはいつやるの? と聞かれるのでボタンを押して振り分けていけるのでタスクの取りこぼしを防げます。

Any.DOでは、これからMailとMemoをリリース予定ですので楽しみですね。

カテゴリー
iOS

iOS6: 連絡先アプリの新機能

iOS6になって「連絡先」アプリが新しくなりました。グループの表示がアプリごとに設定できたり、複数の連絡先を統合できたり、とあまり知られていないけど便利になっています。

グループの選択

アプリごとにグループを表示/非表示にできるようになりました。アプリによって呼び出したい連絡先をグループにまとめ、このグループだけを表示するようにしておけばすぐに連絡先にアクセスできますね。

連絡先をリンク

ソーシャルサービスの連絡先を統合したりすると同一人物の連絡先が複数存在したりしますよね。これまでだと必要な情報だけを抜き出して連絡先カードにまとめたりして面倒でした。これからは連絡先カードをリンクで関連づけることで一つの連絡先カードにまとめることができます。
IMG 0025
やり方は、まとめたいマスターとなる連絡先カードを開き、「編集」ボタンを押します。「リンク済み連絡先」項目から「連絡先をリンク…」ボタンを押して統合したい連絡先カードを選択します。リンクした後、マスターとなる「名前」は切り替えることができます。統合されたリンクカードを開き「統合されたカードにこの名前を使用」ボタンを押すことでマスターの名前を変えることができます。
また、連絡先を交換する時に内容を制限した交換用カードを用意して自分のマスターカードにリンクしておくとiPhoneをお持ちの方とSMSを介して簡単にやり取りができるので便利ですよ。