カテゴリー
Mac OS X

FDKでAdobeフォントを生成

Githubで配布されているAdobeフォントはmakeotfコマンドを使ってフォントを生成します。なのでコマンドを実行できる環境を整えなければなりません。

  1. Adobe – Adobe Font Development Kit for OpenType | Adobe Developer ConnectionからFDKアーカイブをダウンロードして伸長します。
  2. FDKフォルダを ~/bin/FDK に移動します。 ~/bin フォルダがなければ作成します。
  3. FDKフォルダを開き FinishInstallOSX ファイルをターミナルアプリ(/Applications/Utilities/Terminal.app)のウインドウにドロップしリターンキーを押し実行します。

これで実行環境は整いましたのでAdobeフォントをダウンロードします。

それぞれのフォルダを開くと build.sh ファイルがあると思います。このファイルをターミナルアプリのウインドウにドロップしてリターンキを押し実行します。すると target フォルダにOTFとTTFフォントが作成されます。このどちらかを ~/Library/Fonts に移動して終了です。

カテゴリー
Applications Mac OS X

かわせみ2がリリース

物書堂から日本語入力プログラム「かわせみ2」がリリースされました。「かわせみ」がリリースされて以来4年ぶりにメジャーバージョンアップが行われました。新機能としては、OS X Mavericksへの対応、64ビットにネイティブ対応などなど。昔からMacシステムとの親和性がよいので安心して使用できますね。また、いつも使う道具なので進化して使いやすくなることは大歓迎です。

OS X Mavericksになって「ことえり」に大きく変更が加えられました。私は日本語入力部分は進化途中でまだ安定していないと考えています。なので入力ソースから外すことはせずに「かわせみ2」と併用していくことにしました。入力モードに「ことえり」と「かわせみ」が並ぶことになりますが、キー割当を「ことえりタイプ」テンプレートを使用して、ひらがな入力モード(Ctl + Sft + J)と英字入力モード(Ctl + Sft + ’)をショートカットキーを使って強制的に切り替えればいいかな、と考えています。この方が入力モードを的確に切り替えられてストレスがなくなるかもです。

OS X Mavericksの「ことえり」になって大きな不満だった単語登録(Ctl + Sft + N)が普通に使えるのはとてもありがたいことです。

かわせみ2の単語登録

ちょっとしたことだけど単語登録でコマンドキーと数字キーの組み合わせでキーボードから手を放すことなく品詞を選べる機能はとても重宝してます。こんなところを見て、よく作り込まれているなあと思うわけですよ。

あと、ショートカットキーを活用するともっと入力速度が速くなりますよ。たとえば「USB端子」のように英字と日本語が混在する場合に英字入力モードに切り替えることなく入力することができます。数文字の英字を入力するために入力モードを切り替えるのって面倒じゃないですか。ひらがな入力モードで「うsb」と入力して「標準タイプ」キー割当を使用している場合は「半角英数化連続変換(Opt + 英数 or F10)」を1回押すと小文字の「usb」に変換されて、もう1回押すと1文字目が大文字の英数「Usb」に変換され、もう1回押すとすべて大文字「USB」に変換されます。もしくは、シフトキーを押しながら「ウSB」と入力して「半角英数化読み作成(Opt + S)」としてもいいですね。また、キー割当はカスタマイズすることができのでお好みのキーを割り当てることもできます。

ほかにも便利機能がたくさんありますので、探求してみてください。

P.S. 廣瀬さん、リリースおめでとうございます!

カテゴリー
Apple iOS iPhone/iPod touch Mac OS X

好きな写真だけフォトストリーム

2011年10月よりiOS 5.0と共にサービスが開始されたフォトストリーム。iOSデバイスで写真を撮影すると、iCloud経由ですべてのデバイスに自動的にプッシュするサービスです。登場当初はとてもありがたいサービスだったんですが、塵も積もれば…… で必要のないものまで転送されてきてデバイス容量を圧迫してました。途中からApertureがフォトストリームに対応してからというもの、大量の写真がiPhoneに流れてくるようになりました。200枚から300枚が一斉に流れてくるのでiPhoneで最近撮影したお気に入りを探すのが大変になったのです。フォルダに振り分けていれば直に見つかるんでしょうが、すべてがそういう訳には行きません。

フォトストリームが便利なのはよくわかっています。ただ、すべての写真ではなく共有したい写真だけに出来ないか? と、ずーっと考えてました。そうだ! 共有フォトストリームを利用したらどうだろう。という結論に辿り着きました。共有先を自分自身にすればいいじゃん!

フォトストリーム・オプション

フォトストリームにはオプションが用意されていて、「自分のフォトストリーム」と「共有ストリーム」が用意されています。「自分のフォトストリーム」を無効にして、「共有ストリーム」を有効にしておけば大量の写真が流れてくることを防げます。やり方は写真アプリで[カメラロール]を表示させた状態で右上にある[編集]ボタンを押します。共有したい写真をタップします。タップするとチェックマークが付きます。(複数枚でも可)左下の[送信]ボタンを押して[フォトストリーム]を選びます。[フォトストリームに追加]画面になりますので、[新規フォトストリーム…]をタップして作成します。[宛先:」は自身のiCloudアカウントに使用しているメールアドレスがいいですね。[フォトストリーム名]は「写真共有」などわかりやすい名前にしておくといいでしょう。[次へ]ボタンを押すとフォトストリーム投稿画面になるので[投稿]ボタンを押して共有完了です。

共有フォトストリーム

他のデバイスで写真アプリを開きフォトストリーム一覧を開き、先ほど指定した共有フォトストリーム名をタップすると写真が表示されます。どうです?

カテゴリー
Mac OS X

Homebrewを導入

OS X上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつであるHomebrewを導入しました。これまで使用していたMacPortsに比べ依存関係でインストールされるソフトウェアが少ないという点が気に入りました。MacPortsはOS X標準でインストールされているソフトウェアを利用せず、新規にすべてのソフトウェアをインストールする特徴がありました。HomebrewはOS X標準で準備されているソフトウェアを出来るだけ利用する設計になっているので重複することを抑えられます。また、MacPortsと同様、独自のディレクトリへインストールされますが、シンボリックリンクを /usr/local/bin へ張ってくれるので余計なトラブルを避けられそうです。他にも覚えるコマンドが少なく済みそうなのも魅力のひとつです。 🙂

導入するには以下3つの環境が整っていなければなりません。また、なによりもターミナルのあの黒い画面を見てもビビらない勇気を持っている方が対象となります。

XcodeをApp StoreからインストールしただけではCommand Line Toolsはインストールされていません。Xcodeを起動し、[環境設定]=>[ダウンロード]からインストールします。Javaのインストールはターミナルを起動し $ java -version と入力しリターンキーを押します。既にインストールされていればバージョンが表示され、されていなければインストールを促すダイアログが表示されますのでインストールを行ってください。

次にPathの読込み順を入れ替えます。冒頭でも説明しましたが、ソフトウェアは /usr/local/bin へインストールされますので、先頭で読込まれるように設定しましょう。慣例に従えば ~/.bashrc or ~/.bash_profile へ設定を書き込みます。

export PATH=/usr/local/bin:$PATH

または、直接システム環境変数を /usr/local/bin が1行目に来るように書き換えます。

$ open /etc/paths

導入

  1. $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"
  2. $ brew doctor #動作チェック
  3. $ sudo chown -R $USER /usr/local #権限の変更
  4. $ brew update #アップデート
  5. $ brew upgrade #アップグレード
カテゴリー
Mac OS X

フォルダをターミナルで開く

開いているフォルダ(カレントディレクトリ)に対してターミナル操作を行いたいことがしばしばあります。これまでだとLaunchBarを利用して、この操作を行ってきましたがFinderサービスで同様のことが出来ることを知ってもっぱらこちらを利用するようになりました。

スクリーンショット 2013 07 07 1 45 10

デフォルトではこのサービスが有効になっていないので[システム環境設定]=>[キーボード]=>[キーボードショートカット]=>[サービス]へと進み、「フォルダに新規ターミナル」と「フォルダに新規ターミナルタブ」にチェックを付けて有効にしてあげる必要があります。

Finder service

あとは開きたいフォルダの上でコンテキストメニュー(右クリック)でサービスを表示すればコマンドを実行できます。すると指定したフォルダへ移動した状態でターミナルが開きます。

カテゴリー
Mac OS X

OS X Mavericks

Osx mavericks

WWDC 2013 基調講演で次期 OS X メジャーアップデートが発表されました。コードネームは「OS X Mavericks(まーべりっくす)」。Mavericksとは、アップルが本拠地を置くカルフォルニア州にある海岸の名前だそうです。これまで使われてきたネコ科の動物名に終止符を打ったことになります。これはアップルが進むべき道を示す大きな変化になりそうな予感です。

OS X Mavericks は、200以上の新機能を搭載して今秋に発売される予定です。基調講演では新しいアプリや新機能を含めて10の新機能が紹介されました。中でも気になったのが、「Finder Tabs」と「Tags」の二つ。どちらとも長年待たれていた機能なので、「やっとか!」というのが正直な気持ちです。今回は新機能と紹介されていますが、この二つの機能は以前から Finder を機能強化するサードパーティ製ユーティリティで実現されていた機能です。しかし、今回はシステムレベルでの対応となるので利便性はそれ以上となりそうな予感がします。

Finder Tabs

ファイルの移動やコピーって頻繁に発生する作業ですよね。あるフォルダからあるフォルダへ移動するのに、ウインドウを二つ並べて移動させたりしてませんか?または、デスクトップへいったん置いて移動先のフォルダを開いて移動させたりしてませんか?これまで不便だと感じていなかったこのような作業がスプリング機能と合わせて Finder Tabs を体験すると「おお、これは便利!」となること請け合いです。

Tags

これはファイルやアプリにファイル名とは別に名前を追加する機能です。これをメタ情報といいます。メタ情報とは、データについてのデータという意味で、ワープロ文章ファイルは文章データとは別に作成日や修正日などの付随情報が付きますよね。この付随情報のことをメタ情報またはメタデータといいます。ファイルに「プロジェクトA」というタグを付けておくと、そのファイルが画像フォルダにあろうと書類フォルダにあろうと「プロジェクトA」仮想フォルダに集めることが出来るのです。iTunes で云うところのスマートフォルダに似ています。

よく使う書類や画像をコピーすることなく管理できるので、これまで以上にファイル管理が楽になります。個々に複製していたファイルも減りディスク容量の確保にもつながります。

カテゴリー
Mac OS X

Mail.appに入れているプラグイン

コミュニケーションの場が電子メールからソーシャルメディアへ移りつつあると話題になってますが、特に仕事ではまだまだ電子メールは必須ツールです。そこで少し電子メールのお話を。
仕事で不特定多数の方とやり取りするのであれば、様々なメール環境を想定してやらなければなりません。電子メールのマナーというか暗黙のルールを守って送り届けることが大切です。ルールの中で最低限守らなければならないことは、相手の環境がわからない場合は相手の環境に配慮してメール作成を行うことが求められると思います。HTMLメールやユニコード文字を使って電子メールを送ることは好ましくありません。
HTMLメールは使わず標準テキスト(プレーンテキスト)を使い、大方のメール環境で表示できる文字コード(ISO 2022-JP)で書くことが望ましいです。
でも、文字コードのことやメールクライアントの癖というか仕様を調べたりするのは面倒という方で、OS X標準のMail.appを使っている方は以下のプラグインを入れておくといいと思います。
LetterFix: 本文での文字化けを防ぐ
MIMEfix: 受信メールで添付ファイル名の文字化けを防ぐ
この二つのプラグインを入れただけで完璧な電子メールの送受信ができる訳ではありませんが、文字コード部分の問題は防げると思います。

カテゴリー
Mac OS X

Launchpad 重複アイコンを削除

Launchpad Icon
アプリケーションを一覧表示してくれるLaunchpadでアプリケーションが二重登録されてしまうことがあります。そんな時は、アプリケーションアイコンを長押しするかOptionキーを押すことでiPhoneやiPadのiOSみたいにアイコンがブルブルして「X」マークが表示されるので、これをクリックすることで削除できます。
しかし、「X」マークが表示されないアプリケーションも多数あります。二重登録されているアプリケーションアイコンを削除する方法は、削除するアプリケーションをアプリケーションフォルダからゴミ箱へ移動して、アプリケーションフォルダに戻すことによって二重登録されているアプリケーションアイコンが正常な状態へ戻ります。
もっとスマートな方法がありそうなんですが、見つけることができませんでした。情報をお持ちの方はコメントをお願いします。

カテゴリー
Mac OS X

OSX10.7.2: Time Machineのバックアップが不調

システムを OS X 10.7.2 にしてからと云うもの、Time Capusule への Time Machine のバックアップが失敗する状態になってしまいました。バックアップが始まってしばらくすると「バックアップディスクイメージ“/Volumes/ユーザー名 の Time /ユーザー の xxx.sparsebundle”にアクセスできませんでした(エラー -1)」とエラーが出て停止するようになり、Time Machine バックアップファイルを作り直しても症状は改善されなかったので、ウェブで調べることにしました。 解決方法が米国のサポートコミュニティにあったのでご紹介。

  1. AirMac ユーティリティを起動する
  2. Time Capusule 項目を手動設定で開きます
  3. ディスクペインを開き、「すべてのユーザの接続を解除…」ボタンを押す
  4. AirMac ユーティリティを終了する
  5. Time Machine システム環境設定を開き、「ディスクを選択…」ボタンを押す
  6. 適当なバックアップディスクを選択します
  7. メニューバーにある Time Machine アイコンから「今すぐバックアップを作成」を行います

Timemachine systempref

この一連の操作を行った後、Time Machine のバックアップ動作は安定して稼働するようになりました。

カテゴリー
Mac OS X

10.7: 簡単にワードまたはエントリーラインを削除

Keyboard combo to quickly delete last word or entire line – Mac OS X Hints
Lion の Mail.app や Safari などの標準アプリで使用可能なショートカットなんだけど、便利そうなのでご紹介。
ワードの削除: option-delete
エントリーラインの削除: command-delete
どういうことかと云うと、「日本語は美しい文化である。」と入力して確定したとしましょう。キャレットは文章の最後にあるとして、opt-del とすると、「である。」が削除されて、もう一度 opt-del すると「文化」が削除されます。次に cmd-del するとキャレットがある位置から行頭までの文字が削除されます。
このショートカットを使う機会はよくあるので覚えておくとよいかも。