カテゴリー
Network

Amazon S3を使えるようにする

Amazon S3はiCloud Driveのようなクラウド・ストレージ。ファイルを遠隔地にあるサーバに置いておける有料サービスです。ローカル・ハードディスクには日々のバックアップとシステムアップデートなどシステムに大きな変更が加わるときの定期バックアップで二重にしていますがハードディスクが突然認識できなくなる経験をしていると用心して「これは絶対に消えたら困る」ファイルをクラウド・ストレージに置くようにしました。とりあえずはレンタルサーバに置いていましたがディスクの空きが無くなってきてのでAmazon S3を利用するようにしました。Amazon S3にしたのは信頼性と低料金、そして拡張性が決め手となりました。
これまでにもAmazon S3への移行は幾度か考えたことはあったのですがサービスメニューが英語であったことと手続きが難しいように感じていたので躊躇してました。しかし、サービスメニューがある程度日本語化されてきたのを期にお試し運用から始めることにしたのでした。それとAWS(Amazon Web Services)アカウントはamazon.co.jpでよく買い物をするので持っていたことと、これまでのお付き合いで生まれた信頼ですかね。
さて、Amazon S3が使えるまでの手順を簡単に説明します。

  1. AWSアカウントの作成
  2. バケットを作成/設定
  3. ユーザーの作成/設定

以上です。意外と簡単でした。

AWSアカウントの作成

Amazonでクレジットカードを利用して買い物をした人はそのままAmazonアカウントをAWSアカウントとして使えます。持っていない人はaws.amazon.comでアカウントを作成してください。

バケットを作成/設定

AWSアカウントを使ってログインするとサービス一覧が表示されるので「ストレージ & コンテンツ配信」にある「S3」をクリックして進みます。S3コンソール画面が表示されたら左上にある「バケットを作成」を押してバケットを作成します。このバケットはフォルダのようなものです。「バケットの作成」画面が出てきたら「バケット名」の入力と「リージョン」の選択を行います。バケット名の命名ルールには「小文字、数字、ピリオド(.)、ハイフン(-)を含めることができます。」と書かれていますがピリオドの使用は控えた方がいいでしょう。クライアントアプリによって証明書の参照でエラーが出ることがあるからです。


バケットの「アクセス許可」を設定します。バケットのプロパティ・ペインからアクセス許可をクリックしてプルダウンします。下段にある「バケットポリシーの編集」ボタンをクリックしてバケットポリシーエディターを表示させます。はじめて表示させた場合はここに何も書かれていません。下段にある「バケットポリシー例」リンクをクリックしてバケットポリシーの例一覧を表示させます。Topicsの2番目に書かれている「匿名ユーザーへの読み取り専用アクセス許可の付与」を参照しサンプルコードをコピーします。バケットポリシーエディターに戻りサンプルコードをペーストします。9行目にかかれているexamplebucketを先ほど作成したバケット名に書き換えます。「保存」ボタンを押して作業を完了します。

ユーザーの作成/設定

Amazon S3にアクセスできる権限を持ったユーザーを作成します。ウェブアプリ上段にあるアカウントをプルダウンします。「認証情報」項目をクリックしてIAMコンソールを表示します。するとダイアログが表示されますので「IAMユーザーの使用開始」ボタンをクリックしてIAMユーザーコンソールを表示します。左上にある「新規ユーザーの作成」ボタンをクリックして新規ユーザー作成画面で任意のユーザー名を入れ作成します。IAMユーザーコンソールに戻りますので先ほど作成したユーザー項目をクリックして詳細情報を表示させます。3番目のアクセス許可をクリック/プルダウンさせ表示します。管理プリシーをクリック/プルダウンさせ「ポリシーのアタッチ」ボタンをクリックし「AmazonS3FullAccess」にチェックを入れて「ポリシーのアタッチ」ボタンで確定します。



以上が作業のおおまかな流れです。

カテゴリー
Network

フィードアドレス変更のお知らせ

いつも購読くださっている皆様、ありがとうございます。

さて、このたび FeedBurner の情報を見直し更新しました。そのためフィードアドレスが変更になりましたのでお知らせいたします。

feed: http://feeds.feedburner.com/apljp

お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

カテゴリー
Network

CDNを導入してみた

CloudFlare logo

CDN (Contents Delivery Network)とは、ウェブコンテンツをいくつかのサーバーへミラー分散させてひとつのサーバーへの一極化を防ぎ、ウェブサーバーのキャッシュを高速で返すことによりコンテンツ配信を速く安定して供給するサービスです。

商用CDN世界市場シェア順(参照:Wikipedia

これら企業はCDNサービスを専門に行っているのであまり知られてないかもしれませんね。AppleはAkamai Technologiesを利用してコンテンツ配信しているので、どこかで「Akamai」の文字を見かけているかもしれません。身近なCDNサービスとしてはGoogle CDNサービスによるライブラリ配信などが有名ですね。日本でもプロバイダがCDNサービスに乗り出しているので目にする機会が近いかもしれません。

CDNサービスは高価だったので大企業のような資金に余裕のあるところしか利用されていませんでした。が、しかし、個人レベルでも利用できるCDNサービスが登場したのです。それが、「CloudFlare」です。しかも無料プランが用意されているので試すことが出来ます。個人で動画や高解像度の写真を配信している方にとっては有効ではないでしょうか。個人ブログでも負荷を軽減させるには良い方法だと思います。

cloudflare-success

すべての設定が完了すると上記のようなステータスになります。ネームサーバの変更を見落としがちなので忘れないように設定しましょう。

カテゴリー
Network

Googleウェブ検索結果に著者情報を付けましょ!

Googleウェブ検索の結果で顔写真サムネイルと著者情報が付いたものをたまに見たりしません? 例えばこんなの…。

Google著書情報

今回はこの設定をしてみたいと思います。用意するのはGoogle+アカウントと関連付けするドメインのメールアドレス。手順については「検索結果内の著者情報 – ウェブマスター ツール ヘルプ」を参考に進めてください。大まかな流れは…。

  1. ドメイン・メールアドレスをGoogle+に登録。
  2. 自身のトップウェブページに「<a href="[profile_url]? rel=author">Google</a>」を付与。
  3. 構造化データ テスト ツールでURLを入れて確認。

あとは反映されるのを1日か2日待つのみ。最大で2週間って書いてあったので気長に待ちましょう。検索結果に引っかかるような記事を書かなきゃな…。

カテゴリー
Network

Googleの2段階認証を使う

アカウントの乗っ取りは最近よく耳にします。「対岸の火事」と呑気に構えていると明日は我が身かもしれません。私にとってGoogleアカウントは積み重ねた情報の宝庫で無くす訳には行きません。ですので万全の体制にしておきたい気持ちから2段階認証を使うことにしました。はじめは面倒くさいのかなあ、と考えていましたが思いのほか簡単だったので拍子抜けしたほどです。

  1. 信頼できる携帯デバイス(iPhoneなど)と関連付けをします。国番号+携帯電話番号を送信するとSMSで届く「コード番号」を入力します。
  2. Google Authenticatorというコード番号発行アプリをインストール。
  3. 認証が必要になったら、これまで通りの認証(アカウント+パスワード)の後、コード番号の入力を求められるのでコード番号を入力。これは初回のみで以後コード番号の入力は求められません。

上記の認証方法の他に、iOSの設定アプリでGoogleアカウントを認証させる方法があります。コード入力を求められない場合ですね。

  1. [メール/連絡先/カレンダー]に既存のアカウントあれば削除。
  2. アプリケーション固有のパスワードを使用してログインするを参考に新しいパスワードを生成します。
  3. [メール/連絡先/カレンダー]でGoogleアカウントを追加します。その時のパスワードの代わりに生成した新しいパスワードを入力します。

やり方がわかってしまえば簡単ですね。他のアカウントでも手順は似たようなものです。転ばぬ先の杖と思って2段階認証を積極的に取り入れて行きましょう!

カテゴリー
Network Script

WPADを使ってみる

This auto-detect feature works through DNS. The browser looks for a host named “wpad” and if it exists, loads its settings by accessing a file named “wpad.dat” via HTTP. To use DNS-based WPAD with Safari on OS X, follow these steps:
– In Safari, choose Safari => Preferences
– Click on the Advanced icon
– Click on the Proxies ? Change Settings button
– In the Configure Proxies dropdown menu, select Using A PAC File
– In the PAC File URL field, enter http://wpad/wpad.dat
– Click on OK
– Click on Apply

(Via macosxhints.com – Use web proxy auto-discovery in Safari)

このWPAD (Web Proxy Auto-Discovery Protocol – Wikipedia)を使ってみることにした。

処理が速くならずともいいので安定して動いてくれたらいい。
追記 (2009-07-16T09:57:54+09:00): 延滞するようになったので使用をやめました。

カテゴリー
Community Network

Poken and MyNameIsE – 電子名刺交換サービス

PokenをAmazonへ発注してから一週間で届いた。早速、認証を済ませようとオンラインアクセスしてみるけどつながらない。そのことをTwitterへ投げてみると、「昨日からつながらない」ということらしい。サーバが落ちているのか、メンテナンスなのか、よく分からないけどアクセスはできなかった。そこで、時間を置いてアクセスしたら認証できました。
PokenとMyNameIsEについて書こうと思ってたらHit Okanoさんが詳しく書かれているのでそちらを参照してください。私のつたない文章より数倍分かり易いです。
ここでは、私のプロフィールを公開しておきます。
公開プロフィール:
コンタクトリストへ追加していただける方は、Twitterでコメントしていただけると助かります。

カテゴリー
Network

LimeChat

ふと思い立って、IRC ができる環境を整えました。利用する IRC クライアントは LimeChat を選択。/list した時に日本語表示がおかしかったので RubyCocoa 0.13.2 を入れて問題は解決。久しぶりにチャンネルを作って、一人チャットをしてました。 :'(
私のチャットはじめは、「ちゃ楽」という so-net が提供するサービスをきっかけにチャット人生が始まったように記憶してます。確か97年くらいのことだったような。そこから、「ゆっくりとしゃべれる場所が欲しいね」と親しい仲間で IRC でチャンネルを設けて会話を楽しんでおりました。そうか、あれから10年以上の月日が経ったのですね。あぁ、懐かしい。
チャットと云えば、今でも時々思い出して一人笑いをしているんですが、「あるハッカーの悲しい運命」は当時とても笑えました。ネタとしてもよくできているなぁと感心したものです。久しぶりに再読したけど、やっぱり面白い。
チャンネル #appling を見かけたら一声かけてくださいね。