カテゴリー
ひとりごと

iOS用にMagic Keyboardを買いました

Magic Keyboard -JIS
アップル純正のMagic Keyboard -JISをiOSデバイス用に購入しました。商品が届いて開封後5分くらい使っただけで購入して良かったなあって思えるほど日本語入力が快適になりました。もっと早く購入しておけば良かった。
MacではUS配列キーボードを使っていますがiOSではJIS配列のキーボードにしました。理由は「A」の横にコントロールキーがあるからです。これは私にとってとても重要で日本語入力には欠かせないことなのです。ことえりの時代から最近の日本語IMまでショートカットキーはコントロールキーと組み合わされています。長年Macを使ってきたこともあってコントロールキーを使ったショートカットキー操作が体に染みついているので入力をしていると「A」の横のキーを無意識に押してしまいます。iPad ProでSmart Keyboardを導入したもののどうしてもこの部分が解消されず新たにキーボード購入に至ったのでした。でも後悔はありません。これからはすべてのiOSデバイスで使えるのですから購入した価値はあると思います。

カテゴリー
ひとりごと

iPad ProにUSBキーボードを接続

IMG_0011
iPad Proに「Lightning – USBカメラアダプタ」経由でHHKB Professional 2を接続しようとすると「デバイスを使用できません – IOUSBHostDevicde: 接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます。」と言われて接続できない。:'(

カテゴリー
ひとりごと

謹賀新年

  
新年あけましておめでとうございます。新しい2016年を迎えることができたことに感謝です。私事ですが昨年はカメラの年だったような気がします。一昨年にカメラ本体を買い換えて眠りかけていたカメラ熱が再燃し単焦点レンズの総入れ替えズームレンズの買い替えとカメラ関連に投資をしました。カメラは仕事で使っているわけではなく趣味で楽しんでいる訳ですが、週末に撮影に出かけることが息抜きになってとてもいいライフサークルになっていると思います。その証拠に体調が良くなりました。体重は10kg以上減りカラダが軽くなって今まで億劫だと思っていたことがやってみるか!と云う気にさせてくれます。また、血糖値が高めだったのが平常値に戻ったのも体調に良い影響を与えているのかもしれません。
今年も趣味のカメラを続けていろんなところを撮影していきたいと思います。また、今年は風景撮影ばかりではなく人物撮影にも挑戦してみようと思っています。どんどん趣味の幅を広げていけたらいいなあと思う元旦でした。

カテゴリー
ひとりごと

満月のクリスマス

今年は38年ぶりの満月クリスマスです。次回は19年後の2034年。

ってことで、真夜中に大分駅まで行ってきました。今夜は駅前のイルミネーションがオールナイトなので満月と絡めて撮れるかな、と期待していたのですが月は真上の位置まで来てたので撮るのが難しかった。

午前3時を回ったところなのに人影がチラホラ。さすがはクリスマス。

「おおいた光のファンタジー2015〜星降るアベニュー〜」と題して大分駅周辺で行われているイルミネーションは2016年1月31日までですのでお見逃しなく!

カテゴリー
ひとりごと

新しいLightning – SDカードカメラリーダー

Lightning - SDカードカメラリーダー
先日のiOS9.2アップデートで「Lightning – SDカードカメラリーダー」からiPhoneでもSDカードを読み込めるようになりました。しかも、つい先日発売された新しいLightning – SDカードカメラリーダーではiPad ProでUSB3の転送ができるようになりました。ありがたいことです。試しにと今日撮影した画像を読み込んでみると速い、高速です。転送速度が上がったことでプレビューも高速に表示されるようになりました。これでストレスなく作業ができそうです。
Lightning - SDカードカメラリーダーの箱
Lightning – SDカードカメラリーダーの箱には「USB 3」の表示がされています。旧Lightning – SDカードカメラリーダーと比べるとカードリーダー部分が少し長く大きくなっています。

カテゴリー
ひとりごと

湯布院でポートレート撮影


これまで風景写真ばかりを撮っていましたが、ついにポートレート撮影に挑戦することとなりました。右も左も分からないながらも協力してくれたなおみさんに感謝!です。なおみさんもモデル経験がなく、初体験同士がポートレート撮影に挑んできのでした。初めは緊張した面持ちのなおみさんも時間が経つにつれ柔らかな表情に変化していく様がファインダー越しにわかったので、よく耳にする「初めは表情が硬いのでコミュニケーションが大切」って意味がなんとなくわかった気がしたのでした。

湯布院の紅葉は今週あたりが最後かもしれませんね。色づき散り始めていました。さて、今回はレンズ2本を持参。標準ズームレンズのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRと単焦点レンズのAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの2本。どちらも最近のお気に入りで持ち出す機会が多いレンズです。特に標準ズームレンズは手ぶれ補正機構が付いたのでシャッタースピードが遅くても手持ちできるところが気に入ってます。

午前中は標準ズームレンズのみを使用し、衣装替えのタイミングで午後からは単焦点レンズのみを使用しました。やっぱり、単焦点レンズはいいね。使い慣れているのもあるけど取り回しが楽だ。それに写りが好き。とはいうものの双方には良いところもあれば足りないところもあるわけで使い分け、適材適所ってことでしょうね。

今回の撮影に際しロケハンを行って臨みました。ロケハンは大事。撮りたい場所、太陽の位置、効率よく回れる順路、休憩ポイント、などなど現場に着いてから探りながらやっていたら予定内に収められなかったかもしれません。スムーズに撮影を進められたのはロケハンあってのことだと思います。
最後に撮影に協力してくれたなおみさん、ありがとうございました。

カテゴリー
ひとりごと

大船山 御池を撮る


標高が高いところは秋も早めに到来する。紅葉の見頃も今週が最後になりそう。ってことで大船山で秋を感じるため登ってきました。秋空と紅葉のコントラストは素晴らしく全てを写真に残すことはできないくらい美しかったです。

登山客も多く狭い道で渋滞を起こすこともありました。登山客は男性が多いのかと思いきや女性の方が多く中には若い女性もちらほらといて意外な驚きがありました。

カテゴリー
ひとりごと

アプリのアイコンを取得する

アプリの紹介をする時にアプリのアイコン画像を取得したい、って時ありますよね。そんな時、みなさんはどうされてます? インターネットを検索して画像を取得してます? いえいえ、そんな手間なことをせずともアプリケーションをインストールしていれば「情報を見る」コマンドから画像を取得できますよ。
info_window

  1. アイコン画像を取得したいアプリを「情報を見る」コマンドで開きます。1
  2. 左上にアプリ・アイコンがあるのでクリックして選択=>コピー
  3. プレビューアプリを起動して「ファイル」>「クリップボードから新規作成」コマンドを実行する。
  4. アイコンがICNSフォーマット形式画像として取り込まれます。左ペインには大きさの異なる画像が10枚並びます。適当な大きさの画像をドラッグアンドドロップでデスクトップなどへ保存します。
  5. 保存された画像はTIFF形式画像なので汎用的なPNG形式画像に変換します。

以上で作業は終了です。
全ての作業はプレビューアプリで済ませられるので新たにアプリを購入する必要はありません。あと、左ペインの画像の並び順は上から

  1. 1024 x 1024 Pixel / 144 ppi
  2. 512 x 512 Pixel / 72 ppi
  3. 512 x 512 Pixel / 144 ppi
  4. 256 x 256 Pixel / 72 ppi
  5. 256 x 256 Pixel / 144 ppi
  6. 128 x 128 Pixel / 72 ppi
  7. 64 x 64 Pixel / 144 ppi
  8. 32 x 32 Pixel / 72 ppi
  9. 32 x 32 Pixel / 144 ppi
  10. 16 x 16 Pixel / 72 ppi

と、なっています。私は512 x 512 Pixelの大きさを多用します。


  1. 最近(Yosemite以降?)ではFinderからアプリを選択=>コピーからでもできるようになっています。 
カテゴリー
ひとりごと

中秋の名月

杵築の観月祭にて雅な中秋の名月を雅楽を聴きながら眺めていました。傍らにはお団子じゃなくたこ焼きを添えて。
iPhone 6s Plus で撮影した 4K 動画(1.64 GB)

カテゴリー
ひとりごと

日出町の的山荘に行ってきました



的山荘が築100年を記念して期間限定ランチ(3,780円)を平成27年7月4日から20日まで行っているってことで電話で確認してみたところ期間中の週末はすべて売り切れたみたいです。平日は空きがあるようです。ならばと14時からお茶ができるってことで行ってきました。


広大な敷地に大正時代にできた木造平屋建て家屋と日本庭園を楽しむことができます。



屋内も時代を感じさせるものばかり。窓ガラスは大正時代のまま。板ガラスの中に気泡があったり、景色がゆがんで見えたりと現代では見ることが難しいものでした。壁には伊藤博文の書があったりと貴重なものが展示されていました。
日本庭園は営業時間内一般開放されているようなので立ち寄ってみてはいかがでしょう。