カテゴリー
Mac OS X

10.5: キーボードとマウスの修飾キー

いつでもどこでもとモバイルコンピューティングを楽しむ方達は多いことでしょう。私もその一人でMacBookを持ってマックな集まりに月一度お出かけします。MacBook内蔵キーボードは長時間タイプするには疲れるので、自宅ではお気に入りの外付けキーボードを利用しています。US内蔵キーボードと外付けキーボードでは多少修飾キーの位置が違っていて、コントロールキーが”A”の横にあるかないかの違いがあります。私はコントロールキーを多用するので必ず”A”の横にあってほしいので内蔵キーボードを使用する際にはシステム環境設定の「キーボードとマウス」の修飾キーでCapslockキーとコントロールキーを切り替えていました。
Leopardではこの操作を一発で切り替えられるようになりました。まぁ、ひと手間減っただけですけどうれしい。ParallelsでPCキーボードを使っている人とかにもお勧めです。
SC1-071027.png

カテゴリー
UNIX/Linux WordPress

xgettext コマンドが使いたくて

私は初期のMacBookを使っています。ハードディスク容量は標準のままなので80GBと少々少なめ。ユーザデータは外付けハードディスクに置いて少しでも空き容量を作ろうと涙ぐましい努力をしています。そのため、Xcodeも入れずにがんばって来たのですがどうしてもmakeする必要性が出てきたのでついに入れました。アップルのデベロッパーサイトへ行ってダウンロードすること40分。ひたすら辛抱の時間でした。
それもこれも、WordPressのサイドバーにあるタイトルを欧文化したいがためでした。sidebar.phpをいじれば簡単にできちゃうことはすぐに分かったのですが、探求心をくすぐられどうしてもシステム側で対応させたいと考えたのです。結果、この記事を参考にすれば可能かもしれないとかすかな希望を持てたのでした。それには、xgettextコマンドとmsgfmtコマンドが使えなければならない。そこで、gettextライブラリをインストールすべく、いつもこの手の情報でお世話になっているOS X ハッキング!の記事を参考に入れたのでした。
xgettextコマンドを実行して生成されたpotファイルを編集した結果がこちら。

#: wp-content/themes/glossyblue-1-4/footer.php:9
msgid "Permanent link to"
msgstr ""
#: wp-content/themes/glossyblue-1-4/sidebar.php:26
msgid "Subpages"
msgstr "Subpages"
#: wp-content/themes/glossyblue-1-4/sidebar.php:35
msgid "Categories"
msgstr "Categories"
#: wp-content/themes/glossyblue-1-4/sidebar.php:41
msgid "Archives"
msgstr "Archives"
#: wp-content/themes/glossyblue-1-4/sidebar.php:47
msgid "Links"
msgstr "Links"

この結果を、poファイルへ書き加えてmoファイルへ変換する際に問題は起きました。どうやっても重複エラーが出てしまうのです。かなり粘ったんですがダメでした。どうしようもないか…。

カテゴリー
WordPress

テーマの内容を少し変更

テーマを変更してから見た目を確認しているときには気付かなかった文字化けを修正しました。
SC1-071025.png
作り立てのころはコメントがついてなかったので分からなかったのですね。化けたり化けなかったりで、外国産テーマは日本語を意識していないから起こるんだろうね。
SC2-071025.png
ソースを見たところ、最近のコメント欄にはsimple-recent-comments WordPress Pluginが使われていることが分かったのでググってみるとすぐに解決策を見つけることができました。
wp-content/themes/glossyblue-1-4/simple_recent_comments.php の内容をコメントアウトして文字化けを解消するコードに置き換えました。

カテゴリー
WordPress

WordPress のテーマを変更

こちらのWordPress Themesをダウンロードして使用しています。デフォルトだとラテン文字の表示には適しているんだろうけど、和文で表示させると文字が小さく読みづらい。なので、フォントサイズと行間あたりを中心にスタイルシートをいじりました。まだ納得のいく仕上がりになっていませんが、根が尽きたので今日はここまで。追々、やっていくことにします。
このテーマには、トラックバックアドレスが表示されないんですが必要ないかなぁと考えています。必要を感じたときに組み込むようにします。
さて、ちょっと気になるのがサイドメニューのタイトルと日付表示が和文なんですが、これをラテン文字にできないものかなぁと思案してます。他のサイトでは表示できているようなので可能なんだろうけど、どこをいじればいいのかがさっぱり分かりません。環境変数みたいなものをいじれればできそうなんだけどなぁ…。

カテゴリー
WordPress

WP-Plugin: Decoder – 実態参照へ変換

このプラグインは便利。これまでソースコードを書き終えてからスクリプトで一気に実態参照に変更してました。でも、読み直しとかしていると文字が判別し難くて困っていたので助かります。
+ power source* ? WP plugin: 実体参照へ変換 – DeCoder

カテゴリー
WordPress

WP-Plugin: PHP Markdown Extra – 簡易記法で書く

このプラグインなくして快適なブログ生活はできないだろう。
+ PHP Markdown
ちょっと動作がおかしいところがあるようだけど気にしない。

カテゴリー
WordPress

WP-Plugin: Akismet – スパム対策

作り立てのサイトへスパムがすぐに来るとは思えないけど、とりあえず有効にしておくことに間違いはないだろう。
+ power source* ? WP plugin: マルチバイトコメント捕獲を表示 – akismet-multibyteview +α
こちらのサイトを参考にプラグインを導入しました。

カテゴリー
WordPress

とりあえず WordPress 2.2.3 をインストール[追記]

導入するのは考えていたよりもずっと簡単でした。
サーバは「さくらのレンタルサーバのスタンダード」を利用しております。構築にあたって使用したアプリケーションは「Coda」です。環境設定でPHPドキュメントはアクセス権を Octal: 705 で、その他のドキュメントは Octal: 644 、ディレクトリは Octal: 755 で転送するようにしました。

インストール

  1. WordPress 2.2.3 をダウンロード日本語版ダウンロードおよび展開します
  2. 設定ファイルの編集

    wordpress/wp-config-sample.php を編集して wp-config.php とリネーム。

  3. すべてのファイルをサーバーにアップロードします(トップディレクトリ推奨)
  4. http://www.example.com/wordpress/ にアクセスしてください
  5. 後はガイドに従ってインストールを進めてください

詳しくは展開したディレクトリ内に Read Me があるのでお読みください。
(追記: 2007-10-24T11:08:42+09:00)
ダウンロード先を本家米国へはっておりました。

カテゴリー
WordPress

Welcome to WordPress

wordpress-logo
WordPressを始めてみました。
前々から興味はあって、いつかは挑戦してみようと考えていたのです。ただ、新しいことをするには情報を吸収しなければならず、そのことが億劫で延び延びになっていたのでした。現状でもP_BLOGを運営しているのでこれ以上手を広げてどうする?と云う気持ちもありました。
動機としては、yamaqさんが運営するyamaq blogを拝見していると面白そうだなと思うところがあって導入に至ったのです。とりあえずインストールはしてみたものの、これからどんな使い方をしていくかなんてありません。ぼんやりと思い描いているのは、WordPressに関連することとコンピュータを再構築する際に必要な情報を載せていこうかなと考えています。まぁ、固いことは考えず伸び伸びとやっていきますよ。