カテゴリー
iPhone/iPod touch

Simplenote

simplenote-icon.png
愛用している iPhone 用メモアプリ Simplenote なんですが、いつの間にか無料で配布されるようになっていたのですね。その代わりプレミアモード(年間600円)を設けることによってスタンダードとの差別化を行っている模様です。アップデートを繰り返しながら使っていましたが違いに気が付きませんでした。有料アプリの時代に購入したので初年度は無料ということでしょうか。とにかくストレスなく使えているので気にしません。
私の主な使い方は、自己紹介文や個人情報などの汎用性の高い情報を書き留めたり、気になる情報をコピペで貼り付けたり、たまに時間がある時はブログの下書きを書いたりとテキストで扱えるものをいろいろと入れてます。

カテゴリー
Applications

AppZapper 2.0.1 release

不要になったアプリケーションやプラグインを関連するファイルおよびフォルダと共に削除してくれるユーティリティ AppZapper がアップグレードしました。対応する OS バージョンは Mac OS X 10.6 Snow Leopard 以上となっています。
appzapper-about.png
長い間アップデートされずにいたので、このまま無くなってしまうのかと思ってましたが大きな間違いでした。ブラッシュアップされ新機能も追加されて登場しました。
メインウインドウの右上にあるスイッチで詳細検索パネルに切り替えることができ、目的のアプリケーションやプラグインを探しやすくなっています。その他に、「My Apps」ウインドウでアプリケーションを登録しておくと誤って大切なアプリケーションを削除することを防ぎます。

カテゴリー
Applications

1Password: チェックボックスを追加

1Password でアカウント情報を自動登録してくれるのは便利なんだけど、ウェブアプリによってチェックボックスを含めてくれない場合がある。そこで、チェックボックスを手動で登録してみる。
ウェブアプリのページを開き、チェックボックスのid属性値またはname属性値を取得。1Passwordで該当するアカウント情報を編集モードで開きフィールドを追加します。TypeをCheckboxとし、Field Nameに先ほど取得したidまたはnama属性値を入れます。

カテゴリー
Mac OS X

アプリケーションを隠すと半透明に

Dockに置いてあるアプリケーションアイコンの話です。
dock-applications-icon.png
アプリケーションを「隠す」にするとアイコンが半透明になって判別がつきやすくなるというもの。どんなものかと試験運転中です。

$ defaults write com.apple.Dock showhidden -bool YES
$ killall Dock

気に入らなくて元に戻す時は

$ defaults write com.apple.Dock showhidden -bool NO
$ killall Dock
カテゴリー
Applications iPhone/iPod touch

Air Sharing Proを購入

気の迷い。今回の購入はこの一言につきる。デスクトップMacとiPhoneでファイル共有を行おうと Air Sharing Pro を購入したけど使用感がクラウドストレージサービスの方が便利ということに気づいた。まぁ、使い始めて間もないのでよりよい使い道を発見できていないだけなのかもしれないけどね。
マニュアルでは、Finderでファイルのやり取りができるようなことが書かれているが、私の環境ではファイル共有が不安定で使い物にならなかった。なので、WebDAVを利用できるFTPクライアントTransmitを利用することにした。Finderよりましになったが、まだ不安定な部分があって動作が安定しない。

カテゴリー
Applications iPhone/iPod touch

Simplenoteでメモをする

simplenote.png
iPhoneで思いついた時にメモを取るのに Simplenote を使っています。アナログ人間なので見聞きしたことを測量野帳へ書いてから、時間に余裕がある時にテキストを起こしたりすることもあります。走り書きの横に簡単なイラストで文字にはできない雰囲気やイメージを残しておくと後から思い起こすきっかけになっていいですよ。って変な方向へ行こうとしているので話を戻します。
Simplenoteは、テキストしか扱えないメモ帳ソフトです。iPhone標準であるメモアプリと機能はほぼ一緒なんですが、共有する仕組みがちょっと違っていてクラウド上で管理するのでOSを選ばずに閲覧できるし編集できるところが優れています。
ウェブブラウザの画面では、一覧と検索窓があるシンプルな構成で迷うことがないです。ただ、気をつけることはメモ編集ではオートセーブでユーザの負担を減らそうとしているのですが、日本環境ではこれが裏目に出て思うようにオートセーブできな状況があります。編集を終えたら必ず改行もしくは半角スペースを入力しないとセーブできない点です。この部分は、改良してもらいたいですね。

カテゴリー
Applications Community

Twitterクライアント

iPhone用Twitterクライアントは数がありすぎて、みなさんはどんなアプリを使われているのか気になるところ。私も正直すべてのTwitterクライアントを試した訳ではないので、どのアプリがいいのかは分かっていません。出会って気に入ったアプリを使い込んでいる段階なので、もっと使いやすいアプリがあるんじゃないかといつもアンテナは張っています。
今お気に入りのTwitterクライアントたちを紹介してみようと思います。
Birdfeed ¥600
Tweetie ¥350
Twitterrific Premium ¥450
この中で一番のおすすめはTweetieかな。機能と価格のバランスが取れているし唯一ローカライズされているので安心感があります。ただ、キャッシュを持たないので電波の届かないところでは使えないのが欠点と言えば欠点ですね。
今私の中で一番のお気に入りはBirdfeedです。動作が軽快でシンプル。そしてエレガントなインターフェイスが使っていて心地よいのです。Tweetieと迷うところですが、こちらの方がキャッシュも効いているし動作が速いような気がする。
最後にTwitterrificですが、まとまったTweetを閲覧するのに最適。高機能なので、Tweetの編集やスレッドの確認などに優れています。特に、複数の @ 付きユーザ名を書き入れる機能はとても便利です。
利用形態は、タイムラインを見ずにTweetを載せたい時はBirdfeedの軽快さを利用してパパッと書いてアップ。Mentionがプッシュ通知で届いたらTweetieが起動するように設定しているのでリプライするのに利用してます。珈琲を飲みながらゆっくり時間が取れる時はTwitterrificでタイムラインの流れを把握してます。気になるTweetにはマークやお気に入りを付けて後で確認できるようにしてます。
さて、ここまでがiPhone用Twitterクライアントで、次にデスクトップアプリケーションですがあまり選択できるアプリがないので Tweetie for Mac で決まり。ホットキーが利用できるのでTweetをすぐに書き出せます。また、ブックマークレットを利用すると引用も簡単にできます。デフォルトのブックマークレットだとアドレスしか読み込んでくれませんが、この「Post With Tweetie」ブックマークレットを利用するとウェブページの選択部分も一緒に読み込んでくれます。
ではでは、更なるTwitterクライアントを捜す旅に出ます。 🙂

カテゴリー
Applications iPhone/iPod touch

Thingsを使い始めました

icn_Things_128.png
私はアナログ人間なので、重要な予定が入るとカレンダーに大きな文字で用件を書き入れます。まずこれで、大切な用件は忘れる事がないです。しかし、「何かのついでにトイレットペーパーを購入」などの些細な用事だと「いつでもできる」と頭にあるのでついつい忘れがちで最後にはその用事のためにお店に行かなければならない事がしばしばあります。こんなどうでもいいような用事を忘れないように管理できないかなぁと常々思っていました。
これまでだとデスクトップMacでTodoの管理はできていましたが、Todo情報を外へ持っていく手段を考えていませんでした。しかし、iPhoneを手に入れた現在はTodoソフトを使って管理できるようになりました。それが、タスクマネージメントソフト Things MacThings iPhone です。正確に言うと、LaunchBarとiCalも併用してます。
iCalでのイベント管理も簡単で、作成したTodoをiCalの目的の日付枠にドラッグ&ドラップするだけで登録できます。ただ、少々イベント情報を整形しないといけないのが難点です。イベント管理に関してはLaunchBarでやった方が慣れているので便利かな。

カテゴリー
Applications Web

Tweetie for Mac 1.2.2リリース

icn_Tweetie_128.png
バージョン1.2から引きずっていた小さなバグと検索部分で影響を受けていたTwitpocalypse問題を改善してバージョン1.2.2がリリースされました。
Twitpocalypseとは、Twitterのつぶやきに対して一意の識別子を付けているのですが、この識別子の限界値を超えてしまうと対応していないクライアントアプリケーションで不具合が起こるというもの。Tweetieでは、検索部分で影響を受けていて検索結果が反映されない状況になっていました。
現在は、正常な動作をしております。

カテゴリー
Applications

Little Snitch 2.1.4リリース

**Little Snitch 2.1.4**
– Fixed an issue causing system freezes at login on Mac OS X 10.4 Tiger.
– Fixed a bug causing repeated connection alerts.
– Fixed a bug related to rule matching precedence.
– Minor usability improvements in Little Snitch Configuration.
– Fixed an issue causing rules with relative process path to show up as “invalid”.
今回は、Mac OS X 10.4 Tigerでログインする際にシステムフリーズする問題を改善しました。これで2.1シリーズ安定板となることでしょう。