カテゴリー
Mac OS X

Mail.appに入れているプラグイン

コミュニケーションの場が電子メールからソーシャルメディアへ移りつつあると話題になってますが、特に仕事ではまだまだ電子メールは必須ツールです。そこで少し電子メールのお話を。
仕事で不特定多数の方とやり取りするのであれば、様々なメール環境を想定してやらなければなりません。電子メールのマナーというか暗黙のルールを守って送り届けることが大切です。ルールの中で最低限守らなければならないことは、相手の環境がわからない場合は相手の環境に配慮してメール作成を行うことが求められると思います。HTMLメールやユニコード文字を使って電子メールを送ることは好ましくありません。
HTMLメールは使わず標準テキスト(プレーンテキスト)を使い、大方のメール環境で表示できる文字コード(ISO 2022-JP)で書くことが望ましいです。
でも、文字コードのことやメールクライアントの癖というか仕様を調べたりするのは面倒という方で、OS X標準のMail.appを使っている方は以下のプラグインを入れておくといいと思います。
LetterFix: 本文での文字化けを防ぐ
MIMEfix: 受信メールで添付ファイル名の文字化けを防ぐ
この二つのプラグインを入れただけで完璧な電子メールの送受信ができる訳ではありませんが、文字コード部分の問題は防げると思います。

カテゴリー
Applications Mac OS X

Snow Leopard: Mail.appが起動できない

一部のユーザでMail.appが起動できない症状が出ているようです。プラグインをアンインストールもしくはデータベースの作り直しで修復できるようです。
– ~/Library/Mail/Bundles にあるプラグインを取り除き再起動
– ~/Library/Mail/Envelope Index ファイルをゴミ箱へ移動後再起動

カテゴリー
Applications Mac OS X

Apple Mailの「ルール」で自動転送するとリッチテキストになる – Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ

  • テスト環境はMac OS X 10.5.7、Apple Mail 3.6。Mailの「環境設定>ルール」でメッセージを自動転送すると、リッチテキスト・メールになる。たぶんバグ
  • 手動で転送した場合、この問題は発生しない。また、自動であっても転送ではなく返信ならOK。

なんで、こうなるの?

Posted via web from appling’s posterous

カテゴリー
Mac OS X

Mail.appの自動改行

メッセージ本文の35文字あたりで自動的にシングルバイト・スペースを添えて改行してくれる、ありがた迷惑な機能をしばらく無効にして使ってみようと思う。
StopFold – 行自動折り返しを無効にするプラグイン

カテゴリー
Mac OS X

Gmail を Mail.app で

GmailがIMAPを日本語でも扱えるようになったのでMail.appで管理するようにしました。まずはGmailでラベルとフィルタを整理して、いらないメッセージは削除。以下のリンク先を参考にMail.appの設定を行いました。
Travellers Tales : IMAP 対応した Gmail を設定する(解説付き)
How-to: Proper Gmail IMAP for iPhone & Apple Mail
macosxhints.com – A better Gmail IMAP to Mail.app sync
設定をする途中寄り道をして、今まで知らなかった機能なんかを発見したりして面白かったです。
見落としそうなところだけ特記しておきますね。「メールボックスの使用用途を指定すること」これはサイドバーにある`[Gmail]/ゴミ箱`とかを選択した状態で[メールボックスメニュー>このメールボックスの用途>ゴミ箱]などと指定してあげることです。このように関連付けをしてあげることでちゃんと同期をしてくれるようです。
アカウントが追加されることでスマートメールボックスの設定とかも忘れずに見直してくださいね。
(追記: 2008-02-21T22:07:43+09:00)
使い始めて分かったんですが、Mail.appではGmailのラベルはメールボックスとして認識するらしく未読メッセージ1通に対して受信メールボックスとラベルのメールボックスで表示されるのでした。これでは不便なので[IMAP?パスの接頭辞]に“[Gmail]”と入れてラベルを表示させないようにしました。
gmail-pathprefix.png
この設定を保存してからGmail受信メールボックスを再構築すればラベルメールボックスは無くなっているはず。ついでに[Envelope?Index][]を最適化しておけばばっちりです。
[Envelope?Index]: http://appling.sakura.ne.jp/wordpress/archives/217
(追記: 2008-04-18T07:54:26+09:00)
接頭辞を“IMAP”とすると余計なメールボックスが作成されなくていいかも。メールボックス特性は「推奨される IMAP クライアントの設定」を参考に設定。メールボックスの使用用途を IMAP/Sent, IMAP/Trash, IMAP/Junk に適用してApple.appの設定は終わり。Gmail設定で IMAP/Sent, IMAP/Trash, IMAP/Junk のラベルを作成する。
(追記: 2008-05-24T22:53:16+09:00)
文章だけでは伝わりにくいので、設定画面を画像で確認できるようしました。

カテゴリー
Mac OS X UNIX/Linux

10.5: レシートデータベースを最適化

すべての方に当てはまる訳ではないですが、レシートデータベースを最適化することでディスクユーティリティでのアクセス権修復が速くなるかもです。少なくともデータベースの未使用部分の圧縮を行ってくれるのでファイルサイズが小さくなりディスクスペースを有効利用できます。
余計なトラブルを避けるために全てのアプリケーションを終了して、Time Machineを有効にしている方は無効にしておいてください。以下のコマンドを実行します。作業には数分間かかります。システム領域でsudoコマンドを使用しますので自信のない方はやめておいた方がいいです。私は作業終了後、念のためにシステムの再起動を行いました。
$ sudo sqlite3 /Library/Receipts/db/a.receiptdb vacuum
同様の原理で、Mail.appのEnvelope Indexを最適化することで動作が速くなるかもです。Mail.appを終了させてから以下のコマンドを実行します。
$ sqlite3 ~/Library/Mail/Envelope\ Index vacuum
コマンドラインからの実行に自信のない方は、[アップルスクリプト][]を入手して実行されることをお勧めします。
Reference:
Apple – Support – Discussions – Slow Repair Permissions …
Hawk Wings ? Blog Archive ? A faster way to speed up Mail.app
[アップルスクリプト]: http://www.hawkwings.net/2007/03/03/scripts-to-automate-the-mailapp-envelope-speed-trick/