カテゴリー
Network Script

WPADを使ってみる

This auto-detect feature works through DNS. The browser looks for a host named “wpad” and if it exists, loads its settings by accessing a file named “wpad.dat” via HTTP. To use DNS-based WPAD with Safari on OS X, follow these steps:
– In Safari, choose Safari => Preferences
– Click on the Advanced icon
– Click on the Proxies ? Change Settings button
– In the Configure Proxies dropdown menu, select Using A PAC File
– In the PAC File URL field, enter http://wpad/wpad.dat
– Click on OK
– Click on Apply

(Via macosxhints.com – Use web proxy auto-discovery in Safari)

このWPAD (Web Proxy Auto-Discovery Protocol – Wikipedia)を使ってみることにした。

処理が速くならずともいいので安定して動いてくれたらいい。
追記 (2009-07-16T09:57:54+09:00): 延滞するようになったので使用をやめました。

カテゴリー
Script

キャッシュをまとめて削除

Safari, QuickTime, Flash これらのキャッシュをまとめて削除してくれるアップルスクリプト。ログイン時にキャッシュを削除してくれるスクリプトも付属してます。
ログイン時のキャッシュ削除は、ログイン項目にスクリプトを追加する手順が必要です。
システム環境設定=>アカウント=>ログイン項目
iPurge Safari Caches – AppleScripts by Tom X

カテゴリー
Apple Applications

Safariの構成ファイル一覧

Safariのウインドウメニューにある「構成ファイル一覧」というのは、読み込んだウェブページを構成しているファイル(要素)の一覧です。HTML文章であるとか、画像や動画などウェブページを構成しているすべてのファイル一覧を示します。
私がよく利用するのはflvファイルのダウンロードです。「get_video」を含むアドレスか拡張子flvを探して容量が大きければ、それが目的の動画となります。ファイルが複数ある場合はファイル名で当たりをつけてダウンロードします。ダウンロードするのは、構成ファイル一覧で目的のものを見つけたらオプションキーを押しながらダブルクリックするとダウンロードを行えます。

カテゴリー
Apple Applications

Safari 4.0.2リリース

このアップデートには、Nitro JavaScript エンジンの安定性の向上、互換性、およびセキュリティに対する改善が含まれており、すべての Safari ユーザにお勧めします。

少々不安定だったSafari4がこれで安定してくれるのかな。インストールしているプラグインは、そのままでも動いてくれています。(今のところ)

カテゴリー
Applications

Keywurl – Safariアドレスバーから検索

Safariのアドレスバーは便利に使わさせてもらってます。巡回サイトへ行く場合や履歴から探す場合は、アドレスバーへ直接タイプする方が早い時もあります。command-L でアドレスバーをフォーカスしてタイプすると補完されますので、目的のアドレスが現れたら control-N or P で項目を移動してリターンキーを押します。
このアドレスバーを検索フィールドへ早変わりさせてくれるプラグインが Keywurl です。このプラグインの存在は以前から知っていたのですが、LaunchBarの方が高機能だし使いやすいのでそのままになっていたのでした。
今回、バージョンが上がったこともあって試用してみることにしました。いくつか検索先を登録して使ってみると、ケースによってはこちらの方が早いなぁと感じるところがあったので使い続けることにしました。文字コードUTF-8でしか渡せないみたいなので、Shift_JISを扱うサイトでは一工夫しないと使えないです。まぁ、大方のサイトはUTF-8であるから問題はないでしょう。
追加したいくつかの検索項目をご紹介。
– Apple Support: http://support.apple.com/kb/index?page=search&src=support_site.home&locale=ja_JP&q=<<complete query>>
– Gmail: https://mail.google.com/mail/?shva=1#search/<<complete query>>
– Delicious: http://delicious.com/User_Name/<<complete query>>
– Twitter: http://search.twitter.com/search?q=<<complete query>>
– iTunes Store: itms://phobos.apple.com/WebObjects/MZSearch.woa/wa/?term=<<complete query>>
– appling weblog: http://appling.sakura.ne.jp/wordpress/?s=<<complete query>>&searchsubmit=Search
– MacUpdate: http://www.macupdate.com/search.php?keywords=<<complete query>>&os=mac
注意: <<complete query>> は置き換えてください。
いろいろな検索項目を追加して楽しんで!! 🙂

カテゴリー
Mac OS X Web

Safari Tidy plugin

ウェブブラウザSafariでソースを表示した際にHTML構文チェックを行ってくれるSIMBLプラグイン「Safari Tidy plugin」を試用してます。

インストールは、SIMBLプラグインディレクトリ (~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins) へプラグインをコピーしてSafariを再起動します。「環境設定=>Tidy」を表示させ詳細を決めます。通常は、デフォルトの設定で大丈夫です。

「表示メニュー=>ソースを表示」でソースウインドウを表示させるとウインドウ下部にチェック結果が表示されます。上図は、appling.jpホームページを例として表示してます。HTML5構文で作成されているのですが、charset属性、header要素、footer要素、を理解できないようですね。まだ、正式にHTML5が勧告された訳ではないので仕方ないのかもしれません。

カテゴリー
Mac OS X

Safari4プログレスをパイ型に変更

面白そうなのでやってみたけど、すぐに元通りに戻しました。
View a pie-chart-style progress indicator in Safari 4 Beta
ウェブページを読み込む際に表示されるプログレスをファビコンが表示される位置にパイ型のプログレスで表示させるというもの。デフォルトのプログレスが隠されてしまうのでリロードボタンが使えなくなってしまったのでやめました。

カテゴリー
Mac OS X

Safari4でjpeg拡張子がつくバグ

ウェブページで表示されている画像をデスクトップなどへドロップすると画像をダウンロードできますが、画像ファイルの拡張子が「jpg」となっていると「jpeg」拡張子が追加されて「jpg.jpeg」と表示されます。GIFやPNGなど他の画像フォーマットだと問題ないのでJPGに関してだけと思われます。これはSafari3時代のWebKit Nightlyでも同様の症状が出ていたので修正されないまま実装してしまったのかなぁと思ったりしてます。

カテゴリー
Mac OS X

Safari4で気をつけよう的な情報

Safari4パブリックベータがリリースされて数時間ですが、いろいろと問題も出ているようでまとめてみました。不具合も時間とともに解決されて行くと思います。
Safari 4 Public Betaのインストールでお困りの方へ – b.E233.net
Safari 4 メニューの文字化け解決策 : せつないぶろぐ
#398861 by Caius Durling (caius) – Pastie
Safari 4 Beta では Glims は使えません – E-WA’S BLOG
Safari 4 Beta

カテゴリー
Mac OS X

Safari4パブリックベータ公開

safari4.png
Safari4パブリックベータが公開されたので、早速インストールしたところ問題なく起動できて一安心。InputManagersプラグインをインストールしていると最悪起動できない状況になるので気をつけてください。
私の環境でInputManagersプラグインはInquisitorを入れていました。Safari4の起動は出来るもののプラグインは動作しなかったです。少しSafari4に触ってみたところ、Inquisitorの手を借りることもないかなぁとアンインストールしました。
uninstall_inquisitor.png
Inquisitorのアンインストール方法が分かりにくいのでスナップショットを載せておきます。
(追記: 2009-02-25T04:40:40+09:00)
オープニングムービーがかっこいいので真似てみた。
Safari4 テストアニメーション