カテゴリー
Apple Photograph

Aperture 2.1 がリリース。

アップルからApertureがアップデートされました。2.0がリリースされてから矢継ぎ早にアップデートを繰り返していますね。ユーザーとしてはありがたいの一言につきるのですが。
プラグインアーキテクチャーを採用したということで、Nik Softwareの「[Viveza][]」がとても気になる存在に。写真にはあまり手を入れないのが基本姿勢なんだけど、これは使ってみたいと思えるプラグインです。
新機能についてもこれからゆっくりと探っていこうと思います。
[Viveza]: http://www.niksoftware.com/viveza/usa/entry.php?view=intro/viveza_announcement.shtml

カテゴリー
Apple

Toast 9 Titanium を購入

マックでは定番のマルチライティングソフトToastがバージョンアップして「Toast?9?Titanium」として登場しました。標準価格¥17,640のところ、登録会員向けにキャンペーン特価¥9,975で提供しています。3/31までの期間限定となっていますのでお早めに!!
年に数えるほどしか使わないソフトだけど、昔から使い慣れているのでアップグレードしておきました。アップグレードの度に今回はいいかなぁと思ってしまうのですが…。
インターフェイスが少々変更になっています。
toast-window.png

カテゴリー
Apple

Safari 3.1 をリリース

safari31-info.png
世界最速のWebブラウザ、Safari?3.1の配布が開始されました。これまでdolipoと併用していたんですが標準の状態に戻して試用してみようと思います。

カテゴリー
Apple

DiskWarrior 4.1 がリリース

システムメンテナンスツールDiskWarrior?4.1アップデータが配布されています。今回の主な変更点は、
– Mac OS X 10.5 Leopardに対する互換性の改善
– Time Machineのバックアップによって作成されたハードリンクを修復可能
– 最新機種のマックへの対応
などが挙げられます。
DiskWarriorは、ディレクトリ構造の修復および再構築を行います。

さてハードディスクのトラブルといっても多々あるが一番多いケースはディレクトリエラーではないだろうか。
ここでいうディレクトリとはMac OSの使用においてディスク上の全保存情報のありかを管理している領域を意味する。このディスク上にあるファイルやフォルダの数や名前、容量や場所情報といったデータを元にディスクは読み書きが行われる…。
そしてMacintoshは作業の高速化のためその多くを一時的にメモリ内に保持する仕組みがあるが例えばクラッシュやカーネルパニックはもとより動作途中でリセットボタンを押さなければならないケースが生じるとメモリにあった情報は失われ、ディレクトリ情報が正しく更新されなかったり一部の情報が保存されないといったケースが生じることがある。本来これら微少なトラブルも重なってくると問題が表面化し、ファイルへのアクセス不能、ボリュームがマウントしなくなったり、あるいはマシン自体が起動しないという自体も起こりうる。

(Via ディレクトリ損傷修復ツール「DiskWarrior」を使う | None |
Macテクノロジー研究所)

フリーズ(反応がなくなる)して仕方なく電源ボタン長押しで強制システム終了した覚えのある方は多いかと思います。ある程度は、システム起動時に修復されるのですがディレクトリ情報を失っているので完全とまではいきません。この不完全のまま運用していると気づかないうちに思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。このような事態をさけるために定期的(3ヶ月から半年の間)にディレクトリ構造を再構築してあげると安定したシステム運用ができます。再構築後は目に見えて動作がきびきびして気持ちいいですよ。

カテゴリー
Apple

おまけソフト

これまでマック本体を購入するとおまけで付いてくるソフトウェアがいくつかあったのに、今回購入したMacBook ProにはiLifeだけで他には一つも付いてこなかった。愛用していたアウトラインプロセッサのOmni?Outlinerを使えないのはちょっと痛い。そんなに使い込んでいる訳じゃないけど、いくつかのドキュメントを作成しているのでとりあえずMacBookの方でテキスト出力しておきました。
さて、ここで問題はOmni?Outlinerを購入すべきかということ。頻繁に使うソフトじゃないけど、あると便利ってソフトは悩むよなぁ…。それと、前々から気になっているOmni?Graffleも欲しい。まとめて買うと$13.5ディスカウントしてくれるみたいだし円高の今が買い時?

カテゴリー
Apple Mac OS X

Apple Hardware Test

フィルム張りの次に神経を尖らせるのがメモリの換装。情報を集めて心の準備ができたら決行です。ちょっとビビりながらメモリの換装を終わらせて、蓋をしないままシステムを起動。ちゃんとメモリが認識されているのを確認してシステム終了。蓋をネジ止めして再びシステムを起動して動作チェック。ここまでで問題がなければハードウェア診断テストを行って終了です。
Apple Hardware Test?(AHT)の起動方法が変わったのかな。これまでだとインストールディスクを入れてoptionキーを押しながら起動させてAHTを選択し実行する手順だったと思います。MacBook Pro (Early 2008)では、インストールディスクを入れることなく“D”キーを押しながら起動させればいいようです。インストールディスクのバージョンは以下のようになっています。
MacBook Pro (Mac OS X Install Disc 1)
: Mac OS version 10.5.2
: AHT version 3A136
: Disc version 1.1
: 2Z691-6199-A
Apple Hardware Testの簡易テストで問題がなければハードウェア的に大丈夫でしょう。この診断テストは定期的に行って異常を早期発見することが大事です。特に保証期間が切れるまでの間は3ヶ月に1度程度行って、期間中に修理を済ませることで無駄な出費を抑えます。私が以前使用していたMacBookでは、保証期間内にメモリ・ハードディスク・バッテリーを交換しました。一時にすべての調子が悪くなる訳ではなく、バッテリーの調子が悪くなって数ヶ月後にメモリという風に交換修理を行いました。ソフトウェアの診断も大切ですが、ハードウェアの診断もお忘れなく。

カテゴリー
Apple Web

Jing Project – スクリーンキャストを共有

icn_Jing_128.png
[ヤスヒサさんのポッドキャスト][Inflame Casting]で知ってから使い始めました。これまでスクリーンキャストを撮るには?Snapz?Pro?X?を使っていましたが、この?[Jing][]?に変えてもいいかなぁと思える程よくできてます。しかも無料で使えるのがとてもうれしい。
もちろん、スクリーンキャプチャもできますよ。その場で、マーカーや矢印、テキストを加えて編集できるところも便利ですよね。あとはアップロード先を決めてボタンを押すだけの手軽さ。
[Jing]: http://www.jingproject.com/
[Inflame Casting]: http://www.yasuhisa.com/inflame/show.php?s=115

カテゴリー
Apple

SoundSource 2.0

ssourcelogo.jpg
サウンド入出力の切り替えが簡単にできるメニューバーユーティリティ [SoundSource][] がメジャーアップデートされました。今回の目玉は、音量を調整できるスライダーが付いたこと。これでサウンドメニューバーアイコンは必要なくなったのでポイッとしました。
単機能なんだけど、ありがたいユーティリティの1つです。
[SoundSource]: http://www.rogueamoeba.com/freebies/

カテゴリー
Apple

dolipo – ブラウザが速くなる

icn_dolipo_128.png
巷で「速い」とウワサのdolipoを入れてみました。確かに速いです。 🙂
セキュリティを強化してある環境で、このソフトを使うにはセキュリティソフトの設定をちょっといじらなければならないと思います。dolipoはpolipoのフロントエンドなので、両方に設定を施さないといけないのかな。それらは環境によって様々なのかもしれません。
私の場合ですと、ファイアウォールを監視しているLittle Snitchで両方に対してPort80を開いています。Port443については、現在のところ接続先を確認してから行うようにしてます。しばらく試用して問題がなければ解放する方向で検討中。
sc1-80301.png
(追記: 2008-03-02T03:28:32+09:00)
反響が大きかったようで早速アップデートされています。同時に作者さんによる「[dolipo?Tips][]」が公開されています。うちの環境にも採用させていただきました。
しばらく使ってみたところ、アップルのWebサービスが軒並みダメみたいなので「*.mac.com」としてプロキシ設定から外しました。
[dolipo?Tips]: http://blog.drikin.com/article/87885145.html

カテゴリー
Apple

Mouseposé 3 – プレゼンのお供に

icn_Mousepose3_128.png
プレゼン向けアプリケーションMouseposéがアップグレード。ソフトウェアの操作説明などで周囲を暗くしてマウスポインタの周辺だけを明るくして注意を引くためのスポットライトを施してくれる。その他にも、クリックやスライドバーの操作時には赤円が表示されたり、キーボードのどのキーが押されたかを画面表示してくれる機能もあります。
今回のアップグレードでは、アクティブなウィンドウだけを明るく表示して周囲を暗くする機能が追加されました。マウスポインタとアクティブウィンドウの併用もできますのでプレゼンの幅が広がること間違いなし。