カテゴリー
Web

Blackbird Pie – Tweetをブログへ

噂のTweetをブログなどへ埋め込めるサービス「Blackbird Pie」の利用が開始されました。
blackbirdPie.png
Tweet URLをフィールドへペーストしてから「Bake it」ボタンを押すとコードが生成されるので、これをブログエントリー等へ埋め込めば作業は完了です。ものすごく簡単ですね。

New blog posting, Transmit 4 Tips – http://bit.ly/diMGwqless than a minute ago via WordTwit


将来は生成されるコードは短くなるようです。さて、ちゃんと表示されるかな?

カテゴリー
Applications

Tweetie 2 for Mac pre-public beta

wpid-icn_Tweetie_128.png
MacHeist nanoBundleを購入する決め手になったのがTweetie 2 for Macへのフリーアップグレードが付いていたこととpre-public betaを試せるということでした。
デスクトップアプリであるTweetie for Macは、2009年4月にリリースされて以来マイナーアップデートを2回行うもののTwitterの進化に追従できていない。まあ、他のデスクトップTwitterクライアントも同様で、デスクトップTwitterクライアントは手薄になっているような気がしている。ここで、Tweetie for Macが大きな波を起こせば面白いことになりそう。1ヶ月以内にベータリリースされるようなので新機能を楽しんでみようと思う。

カテゴリー
Applications Community

Twitterクライアント

iPhone用Twitterクライアントは数がありすぎて、みなさんはどんなアプリを使われているのか気になるところ。私も正直すべてのTwitterクライアントを試した訳ではないので、どのアプリがいいのかは分かっていません。出会って気に入ったアプリを使い込んでいる段階なので、もっと使いやすいアプリがあるんじゃないかといつもアンテナは張っています。
今お気に入りのTwitterクライアントたちを紹介してみようと思います。
Birdfeed ¥600
Tweetie ¥350
Twitterrific Premium ¥450
この中で一番のおすすめはTweetieかな。機能と価格のバランスが取れているし唯一ローカライズされているので安心感があります。ただ、キャッシュを持たないので電波の届かないところでは使えないのが欠点と言えば欠点ですね。
今私の中で一番のお気に入りはBirdfeedです。動作が軽快でシンプル。そしてエレガントなインターフェイスが使っていて心地よいのです。Tweetieと迷うところですが、こちらの方がキャッシュも効いているし動作が速いような気がする。
最後にTwitterrificですが、まとまったTweetを閲覧するのに最適。高機能なので、Tweetの編集やスレッドの確認などに優れています。特に、複数の @ 付きユーザ名を書き入れる機能はとても便利です。
利用形態は、タイムラインを見ずにTweetを載せたい時はBirdfeedの軽快さを利用してパパッと書いてアップ。Mentionがプッシュ通知で届いたらTweetieが起動するように設定しているのでリプライするのに利用してます。珈琲を飲みながらゆっくり時間が取れる時はTwitterrificでタイムラインの流れを把握してます。気になるTweetにはマークやお気に入りを付けて後で確認できるようにしてます。
さて、ここまでがiPhone用Twitterクライアントで、次にデスクトップアプリケーションですがあまり選択できるアプリがないので Tweetie for Mac で決まり。ホットキーが利用できるのでTweetをすぐに書き出せます。また、ブックマークレットを利用すると引用も簡単にできます。デフォルトのブックマークレットだとアドレスしか読み込んでくれませんが、この「Post With Tweetie」ブックマークレットを利用するとウェブページの選択部分も一緒に読み込んでくれます。
ではでは、更なるTwitterクライアントを捜す旅に出ます。 🙂

カテゴリー
Web

Tweetboardの利用を始めました

Tweetboardとは、Twitterでの会話をスレッド表示して一連の会話を見やすくしてくれるTwitterサービスです。(こんな表現でいいのか分かんないけど…)
設置はとても簡単です。まずは、「Tweetboardで、あなたのサイトにTwitterトークを」で概要を理解したら、Tweetboardサイトでインストール手順を確認します。

上記コードをbody要素内に書き入れます。Google Analyticsのコードを書き入れているあたり(`` の前)が良いでしょう。
次に、Tweetboardサイトで「Request a free alpha invite!」と書かれたボタンを押してTwitterの投稿画面からリクエストを送信します。この時に、リクエストアドレスを自分のサイトアドレスに書き換えるのをお忘れなく。
どんな感じかは、私のサイトホームページで確かめてください。
appling.jp :
現在は取り外しております。

カテゴリー
Applications

Tweetie 1.2 for Macリリース

snap-tweetie.png
愛用しているTweetie for Macがアップデート。今回は、iSight経由でVideo Tweetをサポート。どんどん面白くなるTweet環境です。
ポストされているVideo Tweetをみてみましたが、ダウンロードにかかる時間も気にするほどでもなく画質もよかったです。
(追記: 2009-05-28T13:53:10+09:00): いくつかの不具合が出ている模様。
– URLプレビューが動作しない
– Tweet項目を選択した時のアピアランスがおかしい
近いうちにアップデートされるでしょう。どうしても気に入らない人はTweetie1.1.1へ戻して不具合が解消されてから利用するとよいでしょう。
(追記: 2009-05-29T16:16:25+09:00): Tweetie1.2.1で修正されました。バージョンアップされたものの、まだ直ってなかったですね。

カテゴリー
Web WordPress

Tweetmemeボタンを付けました

Tweetmemeは、Twitterに投稿されたメッセージ内容からRtTweetを追跡しながら検索を行ってくれるウェブサービスです。(なんかややこしい)
Twitter検索には、Twitter自身が行っているTwitter検索やTwitterクライアントが装備している検索機能など、様々な検索サービスが提供されていますからどれがいいのか迷ってしまいます。私も、検索をかける時には2つ以上のサービスを利用して行っています。検索サービスによって検索方法が異なるので、当然検索結果も違ってきます。いろいろと検索サービスを利用して好みのものを見つけておくのもいいかもしれません。
snap-tweetmeme-button.png
Tweetmemeでは、ウェブログの個別エントリーに対してReTweetできるTweetmeme Buttonが用意されています。表示されている数字はReTweetされている数字です。このボタンを押すとReTweetされる仕組みです。また、TweetmemeはOAuthに対応しているので手間が省けていいですね。
WordPressプラグインが用意されているのですが、このプラグインを使うと一つ前のエントリーが対象になるようで具合が悪いです。WordPress Betaを使っている私の環境が悪いのかもしれません。なので、JavaScriptでボタンを表示してます。

カテゴリー
Community Web

Tweet環境を整える

デスクトップアプリケーションは、先日エントリーした「Tweetie for Mac」で決まり。つぶやくのも返事を書くのも使いやすい。ただ、関連するつぶやきを閲覧するのが個々のつぶやきにしか対応していないことが不便。リアルタイムでつぶやきを追いかけている時は流れを把握できますが、まとめてつぶやきを眺める時に1つ1つ追いかけるのは面倒。
そこで、@t_traceさんのpbtweetを併用することにしました。まとめ読みするには、こちらの方が便利です。私は、GreaseKitスクリプトを利用してますが、ブックマークレットでも利用可能です。まず、pbtweetを手軽に体験できるブックマークレットでどんな感じのものなのか?を知って気に入ったらGreaseKitスクリプトへと移行して行けばいいと思いますよ。