iPhoneからデスクトップへ

iOS8がリリースされ新機能に対応したアプリケーションが続々とリリースされています。そんな中、Panic社から親しみやすいインターフェイスで高機能なファイル転送アプリケーション「Transmit iOS」がリリースされました。iOS8のリリースに合わせ作られただけあってiOS8の新機能を存分に取り入れた仕上がりとなっています。なかでも「アプリケーション拡張機能」はとても便利な機能ではないでしょうか。たとえば、「写真」appで見ている写真をMacのデスクトップへ保存したい! などiOS8のアプリケーション拡張機能に対応しているアプリケーションから即座にTransmit iOSが対応している場所へ取り込むことができます。また逆にMacのデスクトップにあるファイルをTransmit iOSのDocumentsに取り込むこともできます。取り込んだファイルをiPhoneアプリで編集して、また戻すこともできるようですがバグなのかファイルを別アプリで開こうとすると落ちるようです。ここは今後に期待ということで今を楽しみましょう。

では、Macとのファイル共有について説明します。

  • 「システム環境設定」>「共有」>「リモートログイン」を有効にします。
リモートログイン画面
  • 「アクセスを許可」のところで「次のユーザのみ」で下にある「+」ボタンを押して適当なユーザを登録してください。
  • アクセスするアドレスをメモします。”ssh [email protected]″ 部分の “192.168.126” をメモ。
  • Transmit iOSを開き、クイック接続からURLスキームが “SFTP” であることを確認し「アドレス」に “192.168.1.26” を入力、「ユーザ名」「パスワード」は先ほど許可したユーザ名とパスワードを使います。
Transmit iOS 画面
  • 接続できることを確認したら「この接続を保存する」ボタンで保存します。
  • 設定項目を開き、「ファイル」の「ルートパス」をお好みの場所に指定します。

これでMacとのファイル共有ができるようになりました。では、iPhoneの「写真」appから写真を転送してみましょう。
1. 「写真」appを開き、転送する写真を表示します。
2. 左下にある「四角矢印」ボタンをタップし「Transmit」をタップします。もし、見当たらない場合は「その他」ボタンをタップし「Transmit」を有効にします。
3. 「Transmit」が起動します。先ほどの設定項目からアップロードを行います。

いかがですか? とっても簡単にファイル共有ができましたね。ヒントを頂いたyamaqさんに感謝!

iPhoneカメラを使う

いつも持ち歩くiPhoneだから写真を利用してライフログ的に残している方も多いのではないでしょうか。写真共有サービスのflickrのブランド別順位(2013-08-21)でCanon, Nikonに次いでAppleが来ていることから世界中でどれだけ使われているか、ってことですよね。

さて、iOS6にビルトインされているカメラアプリは万人向けに用意されたとても簡単に利用できるカメラアプリです。カメラの知識がなくてもシャッターボタンを押せば記録が残せます。しかし、ちょっとカメラのことに詳しくなるともっときれいな写真が撮れるようになります。

重要となるのが焦点(ピント)と露出(明るさ)の2点です。

焦点とは被写体がはっきりくっきり見える部分ですね。「ピントが合っている」とか「ピントが外れている」とか云ったりします。焦点がどうやって決まるかというと被写体との距離です。よく勘違いされるのが焦点は点ではなく面であることです。iPhoneの裏面と平行して、目の前に大きな見えない壁があるように想像してください。その壁の面に焦点が合います。焦点を合わせづらい時は同じ距離の別のものに焦点を合わせれば「ピントの合った」写真になります。また、壁の厚みを被写界深度と云います。ピントが合って見える部分です。これはまた別の機会に。

露出とは写真全体の明るさのことを云います。撮った写真が見た目と違って、暗かったり明るかったりした経験がありませんか? 明暗差がないところでは起こらないのに、明暗差がある屋外とかで起こります。これはカメラが人間の目より明暗差を認識できないまたは表現できないために起こります。これを解決するために、明るい写真と暗い写真、その中間の写真の3枚を撮影して合成することによって人間の見た目に近づける技術をHDR(ハイダイナミックレンジ)と云います。ただ3枚を同時に撮影するので時間がかかります。なので被写体が動くものだとぶれた写真となりますので静止しているのが条件となります。

前置きが長くなりました。iOS6ビルトインカメラアプリの説明をします。

iPhone-5-Camera

起動

普通にカメラアプリをタップして起動する他にロック画面からカメラアプリが起動できます。素早くカメラ撮影する状態になり、撮り逃がしたりしません。方法は、右下の「カメラアイコン」を上にスワイプさせます。

シャッター

シャッターボタンは押した時にシャッターが切れるのではなく、シャッターボタンから指を離した瞬間にシャッターが切れます。指をパッと離すと手ぶれの原因になりますので、ゆっくりホームボタン方向へスライドするようにします。

iPhone純正イヤフォンApple EarPods with Remote and Micを持ち歩いてる方は音声調整ボタン[+] [-] を押すとシャッターが切れます。純正以外でも対応しているイヤフォンだと使えます。私が愛用しているATOMIC FLOYD SuperDarts + Remoteは動作確認しています。

焦点と露出

カメラが焦点を合わせて露出を設定している場所に青色の長方形が短時間表示されます。長方形が消えたら「焦点が合って露出が設定された」ことになります。カメラを動かすと焦点と露出の設定をやり直します。人物の写真を撮る時は、顔検出機能により10人までの顔に焦点が合わせられ、それらの顔の間で露出のバランスが調整されます。検出された顔に緑色の角丸四角形が表示されます。

中心以外に焦点と露出を合わせたい場合は、そこをタップします。顔検出機能が一時的にオフになります。焦点と露出をロックするには、長方形が波打ち始めるまで画面をタッチしたままにします。「AE/AF ロック」が画面の 下部に表示され、再度画面をタップするまで焦点と露出がロックされたままになります。

HDR写真

HDRをオンにするには、画面上部にある「オプション」をタップしてから、HDRを設定します。HDRがオンの場合には、フラッシュは オフになります。デフォルトでは、HDRバージョンの写真に加え、通常の写真も保存する設定になっているので、変更したい場合は「設定」>「写真とカメラ」>「通常の写真を残す」で設定できます。HDR写真は「カメラロール」アルバムでコントロール付きで表示しているときに、HDR写真の 左上隅に「HDRアイコン」が表示されます。

私は常時この機能をオンにした状態で使用しています。

いかがでしたか? 知っているようで知らない部分があったのではないでしょうか。しかし、ビルトイン・カメラアプリではどうしても機能的に不足している、と感じられる方はProCameraCamera+がオススメです。

好きな写真だけフォトストリーム

2011年10月よりiOS 5.0と共にサービスが開始されたフォトストリーム。iOSデバイスで写真を撮影すると、iCloud経由ですべてのデバイスに自動的にプッシュするサービスです。登場当初はとてもありがたいサービスだったんですが、塵も積もれば…… で必要のないものまで転送されてきてデバイス容量を圧迫してました。途中からApertureがフォトストリームに対応してからというもの、大量の写真がiPhoneに流れてくるようになりました。200枚から300枚が一斉に流れてくるのでiPhoneで最近撮影したお気に入りを探すのが大変になったのです。フォルダに振り分けていれば直に見つかるんでしょうが、すべてがそういう訳には行きません。

フォトストリームが便利なのはよくわかっています。ただ、すべての写真ではなく共有したい写真だけに出来ないか? と、ずーっと考えてました。そうだ! 共有フォトストリームを利用したらどうだろう。という結論に辿り着きました。共有先を自分自身にすればいいじゃん!

フォトストリーム・オプション

フォトストリームにはオプションが用意されていて、「自分のフォトストリーム」と「共有ストリーム」が用意されています。「自分のフォトストリーム」を無効にして、「共有ストリーム」を有効にしておけば大量の写真が流れてくることを防げます。やり方は写真アプリで[カメラロール]を表示させた状態で右上にある[編集]ボタンを押します。共有したい写真をタップします。タップするとチェックマークが付きます。(複数枚でも可)左下の[送信]ボタンを押して[フォトストリーム]を選びます。[フォトストリームに追加]画面になりますので、[新規フォトストリーム…]をタップして作成します。[宛先:」は自身のiCloudアカウントに使用しているメールアドレスがいいですね。[フォトストリーム名]は「写真共有」などわかりやすい名前にしておくといいでしょう。[次へ]ボタンを押すとフォトストリーム投稿画面になるので[投稿]ボタンを押して共有完了です。

共有フォトストリーム

他のデバイスで写真アプリを開きフォトストリーム一覧を開き、先ほど指定した共有フォトストリーム名をタップすると写真が表示されます。どうです?

Lightning – USBケーブルの交換

私はLightning – USBケーブルを3本使っています。デスク、枕元、外出用。そのうちの枕元で使っていたLightning – USBケーブルが破損したのでした。ケーブルがむき出しのまましばらく使っていたのですが、燃えやすいものが近くあるので気が気じゃなかったのです。そんな時です。ツイートで保証期間なら交換できることを知ったのでした。

参考にさせていただいたのは…。

修理サービスオプション」を利用して手続きを行えば簡単に出来ました。

[iPhone]=>[郵送修理]=>[サービスリクエスト/トラブルシューティング]=>[イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換]にチェック

メールを使って「iOS診断」が行われ手続きは終了。あとは配達されるのを待つだけ。こちら大分県大分市ですが、申込から2日間で交換品は届きました。午前中にヤマト運輸のお姉さんがケーブルを引き取りに来て、午後からお兄さんがケーブルを届けてくれました。

GR001634

これで安心して充電が出来ます。