引用を自動化

ブログで記事を書いていると引用することがよくあります。引用の仕方は人それぞれ、インターネット・サービスでも多種多様です。要は見てくれている人に正しい情報が伝われば良いのです。が、しかし、W3Cが提唱する基本ルールと云うのがあるのでその記述に添って書いていく方が万人に受け入れやすいのではないでしょうか。まだ、この基本ルールは世の中に浸透しているとは言いにくい状況ですが、そのうち足並みも揃ってくると思います。

ただ、基本ルール通りに記述するにはたくさんの情報をHTML要素の中に含めなければいけません。正しい記述方法は知っているけど、それが面倒でやっていない人も多いかと思います。そこでタグの生成を自動化できないかとAppleScriptを使って試してみました。私が採用した記述方法はこちら。ちょっと冗長かな。

ブロック要素

インライン要素

Get Quote Tag on GitHubDemo

Safariブラウザでタグを生成するAppleScript書類とAppleScript実行環境を持たない人のためにAutomator書類も同梱しています。Automator書類はダブルクリックすることでダイアログが出ますので「インストール」を選択してください。「アプリケーションメニュー > サービス」から利用できます。

使い方はSafariブラウザで引用したいところを選択した状態でサービスメニューから「Get Block Quote Tag」または「Get Inline Quote Tag」を選択すると上記の引用タグに整形されてクリップボードに保存されます。

参考にしたサイト

Dropbox for Mac 1.0.10 リリース

クラウドストレージサービスの Dropbox for Mac が正式版になって登場。主な変更内容は、パフォーマンスの向上および同期フォルダの指定が出来るようになりました。リストされてないけど、安定性の向上もかな。

さて、Dropbox と Evernote の使い分けを私の視点でご紹介。

– Evernote は、情報を蓄積するツール
– Dropbox は、ファイルを蓄積するツール

Evernote は、日ごろ気になった情報(テキスト、画像およびウェブページなど)をクリップしてため込んでおいて、必要になった時に情報を引き出す。

Dropbox は、MobileMe を利用できないアプリの設定ファイルやデータまたはプロジェクトに関連するファイル群をシンボリックリンクでバックアップして出先や他の端末でも参照できるようにしています。また、簡易ファイル共有としても活用してます。

両者ともデータを蓄積するツールとしては似てますが、データの扱い方は全く異なるものです。

これまで Dropbox を利用していなかった方は是非体験してみてください。

Blackbird Pie – Tweetをブログへ

噂のTweetをブログなどへ埋め込めるサービス「Blackbird Pie」の利用が開始されました。

blackbirdPie.png

Tweet URLをフィールドへペーストしてから「Bake it」ボタンを押すとコードが生成されるので、これをブログエントリー等へ埋め込めば作業は完了です。ものすごく簡単ですね。

New blog posting, Transmit 4 Tips – http://bit.ly/diMGwqless than a minute ago via WordTwit

将来は生成されるコードは短くなるようです。さて、ちゃんと表示されるかな?

クリエイティブ・コモンズ

写真が趣味でいろんなところへ行って撮影してます。撮影した写真は、ローカルとflickrというソーシャル・ネットワーク・サービスを利用してクラウド上に管理してます。

共有サービスは、コミュニティであるのでガチガチに著作権を全て留保する “All rights reserved” ではなく、作品の利用をある程度自由にしてあげて人とのつながりを楽しんだ方がいいと私は考えています。そこで、ライセンス形態を少し緩めて公開してます。

flickrでは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを簡単に設定できるので利用してみてはどうでしょう。

**flickrでクリエイティブ・コモンズの設定**

ツールバーにある「You」のサブメニューから「Your account」を選択。「Privacy & Permissions」パネルを開き、「What license will your content have」項目を編集します。

cc.png

上記の例だと

– 著作者名を表示する
– 非営利目的で利用可能
– 改変せずに利用すること

というライセンス形態になります。設定を保存すると次回からアップロードされる写真に対してライセンスが適用されます。

じゃ、これまでにアップロードした写真はどうすればいいの?
ご心配なく。flickrではバッチ(一括)処理ができるので簡単にライセンス変更ができます。

ツールバーにある「Organize & Create」メニューのサブメニューから「All your content」を選択。表示されたページ下方にサムネイル写真が並んだブラウザ領域があると思います。その中に「Select all」と書かれたリンクがあるのでクリックします。全てのサムネイル写真が選択状態になるので、作業スペースへドラッグして作業対象にします。(写真枚数が多いと処理に時間がかかります)「Batch Organize」パネルのツールバーで「Permissions」サブメニューから「Change licensing」コマンドを選択。

cc-batch.png

表示されたダイアログでライセンス形態を決定します。これで全ての写真にライセンスが適用されました。簡単だったでしょ? 🙂

BuzzからTwitterへ

Google BuzzをFriendFeedのような情報共有ツールとして使っています。ただ共有する情報を頻繁に更新しているBlog, Flickr, Posterousに限定することにしました。ここにBuzzのメッセージが加わるわけですが、このメッセージだけをTwitterへ転送したいのでFeedBurnerを利用して実現しました。

Google Buzz のエントリを Twitter に投稿 – The Okano Mail

FeedBurnerの集客支援で「Pingショット」は有効にしておきましょう。PuSHが利用できるので更新がすぐに反映されます。また、Socializeのフィルターで「from Mobile」も付け加えておくとiPhoneアプリからポストしたメッセージも転送してくれるようになります。