Twitterジオタグ表示に対応

Twitterが開発者に向けて特定の発信場所がTweetに自動的に追加される機能「Geotagging API」をリリースしたのが2009年11月のこと。あれから5ヶ月近くが経ってやっとTwitterウェブアプリに実装されるようになりました。

wpid-twitter-geotaggin.png

Geotaggingに対応しているTwitterクライアントやサービスからTweetされるとジオタグマークが表示され、クリックすることで地図ウインドウが開きます。ページを跨ぐことなく表示できるので便利ですね。

Tweet・写真・動画・ジオタグを組み合わせてTwitterライフを楽しみましょう!!

@foursquare を使って iCal に足跡を残す

ゲーム感覚の位置情報スタンプサービス「foursquare」が面白い。とにかく訪れたところで位置スタンプを残していくことで称号を与えられたりするお遊び的サービス。このサービスのどこが面白いかというと、スタンプ履歴をiCalに読み込めるので行動履歴になって後から見直す時に役立つのです。

1. ウェブブラウザで foursquare にログイン
2. foursquare feeds にアクセス
3. ICS feed をコピー
4. iCal を起動させ カレンダーメニュー => 照会 で降りてくるシートに先ほどの ICS feed をペースト
5. 自動更新頻度を適当な間隔に設定

参照:

foursquare – Show @foursquare Check-ins in iCal
松村太郎のiPhone生活:ソーシャルネットワーキング:第27回 位置情報陣取りゲームにハマる――「foursquare」 – ITmedia +D モバイル

コンビニのネットプリントが便利

深夜にビジネス文章をプリントしようとプリンタへ転送したところ「インク切れ」というつれない答えが返ってきました。久しぶりにプリンタを動かしたのでインク残量のチェックなんてやってなかったのが悪いので自業自得ですね。深夜なので電器屋さんは開いておらず、どうしたものかと考えていたところコンビニでネットプリントというサービスを思い出したのでした。

富士ゼロックスのネットプリント

近くのセブン-イレブンに富士ゼロックス製マルチコピー機があれば利用できます。

アカウント登録を済ませ、プリントしたいドキュメントをPDFに変換してネットプリントサーバへ転送。発行された8桁の予約番号をメモしてセブン-イレブンでプリント。

気になっていたプリント品質もレーザプリンタなのでくっきりきれい。A4用紙白黒印刷で20円/1枚と良心的な価格。ただ、保存要領が10MBまでで1回の転送量は2MBまでとなっております。

Deliciousが新機能を追加

ソーシャルブックマークのDeliciousに新機能が追加されました。

– 新規登録ブックマークにTwitterの発言が関連づけられるようになった
– 電子メールおよびTwitterでの共有機能拡大
– 検索結果を簡単にフィルタリングできるようになった

delicious.png

Twitterへ投稿するには、SENDフィールドへ「@twitter」と書き入れ、MESSAGEフィールドへTweetテキストを書き入れます。

気になったウェブページをTweetするだけだと後から探すのが大変ですがソーシャルブックマークサービスを利用すると迷子になったブックマークを比較的早く見つけ出すことができます。

CoTagsは定着するのか

CoTagsとは、企業など大きな組織で1つのTwitterアカウントを複数人で利用する際に発言の最後に署名代わりに記される様になったルール。海の向こうでは「^DW」などのように個人のイニシャルとかで書かれる事が多いが、日本では「^海外担当」という風に担当セクション名が書かれる事が多いようだ。ここら辺はお国柄がはっきりして面白い。

^CoTags
The Okano Mail: What CoTags is: コタグとは