iOSでブログ記事を書く環境

最近手に入れたMagic Keyboard -JISの使い勝手を確認したいのと、うれしくて仕方がないので何か書いてみる。で、思い至ったのが「iOSでブログ記事を書く環境」について書いてみようかと。

私の作業環境は移り変わりやすいので常に一定ではないです。その時々によって使うアプリやハードは変化します。新しいアプリがリリースされれば機能を確認するために使う時もあれば記事の内容によってもアプリは変わってきます。アプリによって得手不得手もあります。そこを吟味しながら使い分けていくわけです。そんなわけで最近使っているiOSアプリを紹介します。ちなみにハードは「iPad Pro + Magic Keyboard – JIS」です。

iOS Apps
Drafts
Copied
WorkFlowy
Byword
Ulysses for iPad

情報収集: Drafts, Copied
ブログ記事を書くにあたって必要な情報を集めます。5W1Hといわれるものですね。When(いつ) Where(どこで) Who(誰が) What(何を) Why(なぜ)したのか?そしてHow(どのように)。それとリンク情報を集めてまとめます。記事に書かないまでも裏付けは取っておく必要があると考えるからです。手抜きする時もありますけど、なるべく正しい情報を書くように努めています。

ブラウザやソーシャルメディアで得た情報をコピーまたはアプリ機能拡張を利用して集約していきます。DraftsやCopiedはマージ機能があるのでとても便利です。

構成と校正: WorkFlowy, Byword, Ulysses for iPad
バラバラに集めた情報をつなぎ合わせて文章を組み立てます。組み立てにはアウトライナを使うと全体を見渡せて便利です。今はWorkFlowyを使っています。無料で始められるのでオススメです。気に入ったら有料版にアップグレードして、さらなる快適環境を手に入れましょう。

文章が組みあがったら画像やリンク情報を付加していきましょう。私はMarkdown記法で仕上げていきます。今のところオススメはUlyssesかな。近々アップデートされてもっと使いやすくなるみたいですよ。Ulyssesの良いところはMacとiPad Proを行き来できるところです。今回紹介したアプリはDrafts以外はすべてMacと連携が取れるアプリです。

まとめ

取り止めのない事を書いてしまいましたが、iOSでMagic Keyboardを使って文章を書く事はデスクトップ環境と遜色ないくらいに近づいています。アプリ間の連携も取れるようになって嬉しい限りです。Magic Keyboard最高! 🙂

iOS7のカメラ機能

iOS7がリリースされて少し経ちました。いろいろと変わっている部分があって戸惑っているんじゃないでしょうか。今回はカメラ機能(カメラアプリ)について書いてみたいと思います。

カメラを起動する項目が1つ増えました。これまではロック画面から「カメラアイコンを上にフリック」とカメラアプリをタップして起動の2つでした。そこに「コントロールセンター」からもカメラ機能を起動できるようになりました。「コントロールセンター」はiOS7からの新機能で画面下辺を上にフリックすると現れ、操作の切り替えや制御が出来るようになっています。その「コントロールセンター」にカメラボタンが追加されています。

視野率100%になった。iPhone5+iOS6の組み合わせに限られるんだけど、カメラアプリで表示されている範囲は3:2の比率なのに、実際の写真は4:3の比率でした。なのでカメラアプリで見ているよりも上下が少し広く写っていました。iOS7では見えている範囲と写っている範囲が同じになったのでいろいろ考えなくてよくなった。

シャッターボタンの動作が変わった。iOS6までは「シャッターボタンを離した瞬間にシャッターが切れていた」のに対して、iOS7ではシャッターボタンを押したままにしておくと「連写」撮影になってしまった。これは困った。オプションで「連写」と「連写なし」を選べるようにして欲しかった。シャッターボタンをタップで撮影すると手ぶれを起こしそうな気がする。そのため、iOS7では「自動手振れ補正」機能が付いたのかもしれないがどこまで信用できるかわからない。じっくりと撮りたい時は市販アプリを利用するしかないみたい。

あと、グリッドのオン/オフが設定アプリへ移りました。そうそうオン/オフを切り替えることがないのでこれはいいかな。

使い始めて気になった点を書いてみた。

LaunchBar: iOSアプリの高解像度アイコンを取得する方法

愛用している高機能ランチャ「LaunchBar」アプリを使ってiOSアプリの高解像度アイコンを取得する方法を紹介します。

Instantly grab a high-res icon for any iOS app using LaunchBar | Objective Development Blog

上記リンク先を解説した内容となっています。

では、リンク先より「サービス」ワークフローをダウンロードします。文中にある “ready-to-use-workflow” と書かれたリンク先、またはダイレクトリンクからダウンロードを行います。ファイル名 “Grab iOS Icon.workflow” がダウンロードされるので開きます。すると以下のようなダイアログが表示されるので「インストール」ボタンを押して「サービス」ディレクトリにインストールを行います。所在は “~/Library/Services/Grab iOS Icon.workflow” となります。

インストールダイアログ

これで準備は整いました。LaunchBar を起動して “Grab iOS Icon” を呼び出し、スペースキーを押してテキスト入力フィールドに取得したいアプリ名を入力しましょう。デスクトップに画像がダウンロードされ保存されます。

LaunchBar でうまく呼び出せない場合は「サービス」インデックスルールが有効になっていない可能性があります。環境を見直してください。

「サービス」インデックスルールを有効にするにはインデックス・ウインドウを開き、左サイドバー下にあるプラス(+)記号から Applications => Services より有効にできます。

サービスルールを有効に

ちなみに LaunchBar を使用していない方は、ワークフローアプリケーションを利用することで同様のことができます。