LB6 Tips: ステージング・エリア機能

愛用している高機能ランチャーアプリ「LaunchBar」がアップデート(see Release Notes – LaunchBar 6)され、入力ウインドウで複数のアイテムを選択できる「ステージング・エリア」機能(see The Sixth Sense | Objective Development Blog)が追加されました。これは待ち望んだ機能なので搭載されてとても嬉しいです。そして、便利になりました。

選択操作はFinderになぞられていて、連続した選択はシフトキーを併用し、不連続な選択はコマンドキーを併用します。また、カンマキーでも不連続な選択ができます。キーボード操作のみならずマウスカーソルにも対応しています。

LaunchBar: 便利なスクリプト

愛用している高機能ランチャーLaunchBar 5で便利に使わせてもらっているスクリプト2点を紹介。

Safariで開いているウェブページのタイトルとアドレス情報を取得してMarkdown記法に整形してクリップボードへコピーするスクリプト。

不過視フォルダとなってしまった ~/Library フォルダを表示/非表示に切り替えるスクリプト。

利用は ~/Library/Application Support/LaunchBar/Actions へ適当な名前をつけて保存。

LaunchBarでカレントタイムを表示

LaunchBarでカレントタイムを表示するスクリプト。

カレントタイムを取得したい場面って結構あるので書いてみた。

インストール:

1. 上記ソースをコピー
2. スクリプトエディターを起動して新規ドキュメントへソースをペースト
3. `~/Library/Application Support/LaunchBar/Actions` へ名前をつけて保存
4. LaunchBarを再起動
5. 保存したスクリプトを呼び出しリターンキーを押す

HUDディスプレイに表示されるので、コピー(cmd-C)してクリップボードへ保存。お好きなところへペースト。こんな感じの使い方を想定しています。

LaunchBar 5 RC2リリース

**LaunchBar 5 Release Candidate 2**

– Clipboard History ignore list to protect sensitive data copied from applications such as Keychain Access. The list can be configured in Preferences > Clipboard.
– Enhanced “display in large type” AppleScript command: Added optional arguments “after delay” and “with sound”.
– Improved ClipMerge compatibility with third party applications.
– Improved Search in Spotlight: Search strings in double quotes are now left unchanged to allow phrase searches.
– Improved handling of URLs with fragment identifier.
– Improved “Make TinyURL” action.
– Added “Copy as TinyURL” action.
– The “perform action” AppleScript command now expects the action name parameter to be non-localized.
– Fixed: Calculator input didn’t accept plus sign in exponent.
– Fixed: Changing LaunchBar’s selection from within custom actions failed under some circumstances.
– Revised documentation.

更なるマイナーバグフィックスが行われています。欲を言えば、TweetアクションとOpenMetaアクションは標準で装備してもらいたいところ。

LaunchBar 5 RC1リリース

最終候補 LaunchBar 5 Release Candidate 1 がリリースされました。いくつかのアクションスクリプトが追加されています。

– Hide
– Hide Others (Usage: Select app, press Tab, select action)
– Make TinyURL
– Show Type and Creator
– Copy Screenshot of Selected Area
– Copy Screenshot of Selected Window

長いベータ期間で使いやすさに磨きをかけて、やっと最終候補リリースまでこぎ着けました。あとは正式版リリースを残すのみ。楽しみです。