Time Machineの再構築

Finderの動作速度が急に遅くなることが断続的に続くので、なんでかなぁ?と思いながらも作業を続けていると、Time Machineのバックアップがいくら経っても終わりません。10分前くらいに見たときには、「バックアップの終了中」となっていたのでそろそろ終わるのか、と思っていたら20分後にも「バックアップの終了中」の文字。この時点で、何かおかしいぞ!!とやっと気づいたのでした。最近、ファームウェアのアップデートなんかをやったのでおかしくなったのかなぁと勘ぐってみたり。しばし考えてみたけど、解決策を思い描くことができなかったので、Time Machineバックアップを再構築することにしました。バックアップは、Time Machineバックアップとは別に取ってあるものがあるので、紛失するものも無いだろうとTime Machineバックアップ先ディスクの初期化を考えました。

まずは、何をやっているのか分からないTime Machineプロセスを止めなければなりません。アクティビティモニタ.appを起動させて「動作中のプロセス」にプルダウンメニューを合わせて、フィルタで「backupd」とすることでbackupdプロセスを表示します。それを、選択して「プロセスの終了」ボタンを押します。ルート権限で動いているので認証ダイアログが表示されるのでパスワードを入力してプロセスを終了します。その後の手順は、Time Machineバックアップの再構築手順と一緒です。

1. Time Machineシステム環境設定を開き、動作を「切」にします。
2. バックアップ先ディスクを初期化します。
3. 念のためにシステム再起動させます。
4. 再びTime Machineシステム環境設定を開き、「ディスクを変更」ボタンを押してバックアップ先ディスクを選択します。
5. すると、自動的にバックアップ動作が「入」になります。

初回バックアップは、フル・バックアップとなるので時間がかかります。スリープなど動作の妨げになることは避けて気長に待ちましょう。

また、Time Machineバックアップのインターバルを調整したい時は「TimeMachineEditor」などを使うと思い通りの間隔を指定できます。

TimeMachineバックアップ対象から外す

Mac OS X 10.5 Leopardから導入された自動バックアップ機能Time Machineはとても便利に使わせてもらってます。これまでにTime Machineに助けられたのは二三回しかありませんが、何よりも安心感を得られることは精神衛生上とても良いことです。

そんなTime Machineですが、デフォルトの設定だとバックアップ対象がバックアップ先ボリュームとゴミ箱以外となっていると思います。私は、一過性のファイルを置いていることが多いデスクトップフォルダとダウンロードフォルダは対象から外しています。それから、起動しただけでイメージファイルが更新されてしまうParallelsフォルダも外してます。Time Machine更新時間を短くしたい、バックアップ先ボリューム容量を節約したいという思いからです。

優先度は、作成したドキュメント>諸々の設定ファイル>その他、のようになります。ドキュメントと設定ファイルはバックアップソフトを使って月一間隔で別ボリュームへバックアップしてます。いきなりハードディスクが壊れて冷や汗を経験したのでバックアップの重要性は身にしみてます。