iOSでブログ記事を書く環境

最近手に入れたMagic Keyboard -JISの使い勝手を確認したいのと、うれしくて仕方がないので何か書いてみる。で、思い至ったのが「iOSでブログ記事を書く環境」について書いてみようかと。

私の作業環境は移り変わりやすいので常に一定ではないです。その時々によって使うアプリやハードは変化します。新しいアプリがリリースされれば機能を確認するために使う時もあれば記事の内容によってもアプリは変わってきます。アプリによって得手不得手もあります。そこを吟味しながら使い分けていくわけです。そんなわけで最近使っているiOSアプリを紹介します。ちなみにハードは「iPad Pro + Magic Keyboard – JIS」です。

iOS Apps
Drafts
Copied
WorkFlowy
Byword
Ulysses for iPad

情報収集: Drafts, Copied
ブログ記事を書くにあたって必要な情報を集めます。5W1Hといわれるものですね。When(いつ) Where(どこで) Who(誰が) What(何を) Why(なぜ)したのか?そしてHow(どのように)。それとリンク情報を集めてまとめます。記事に書かないまでも裏付けは取っておく必要があると考えるからです。手抜きする時もありますけど、なるべく正しい情報を書くように努めています。

ブラウザやソーシャルメディアで得た情報をコピーまたはアプリ機能拡張を利用して集約していきます。DraftsやCopiedはマージ機能があるのでとても便利です。

構成と校正: WorkFlowy, Byword, Ulysses for iPad
バラバラに集めた情報をつなぎ合わせて文章を組み立てます。組み立てにはアウトライナを使うと全体を見渡せて便利です。今はWorkFlowyを使っています。無料で始められるのでオススメです。気に入ったら有料版にアップグレードして、さらなる快適環境を手に入れましょう。

文章が組みあがったら画像やリンク情報を付加していきましょう。私はMarkdown記法で仕上げていきます。今のところオススメはUlyssesかな。近々アップデートされてもっと使いやすくなるみたいですよ。Ulyssesの良いところはMacとiPad Proを行き来できるところです。今回紹介したアプリはDrafts以外はすべてMacと連携が取れるアプリです。

まとめ

取り止めのない事を書いてしまいましたが、iOSでMagic Keyboardを使って文章を書く事はデスクトップ環境と遜色ないくらいに近づいています。アプリ間の連携も取れるようになって嬉しい限りです。Magic Keyboard最高! 🙂

Yosemiteの登場は10月21日?

心待ちにしているYosemiteが10月21日にリリースかも? という情報を聞きつけて小躍りしている今日この頃。

Yosemiteの登場に合わせてデスクトップとiPhoneのクリーンインストールを予定してます。これまでのしがらみから解放されるのと心機一転、環境を作り直すことで不具合の発見に役立つと考えたからでした。近頃の環境再構築は楽チンになってきているので早々に元通りになる。重要なデータはクラウドに置いているのでそれをダウンロードするだけ。それもほぼ自動的にやってくれるので安心、簡単。

さて、10月21日は何が発表になるのでしょうね。楽しみです。

SpamSieve: Apple Mail.app 設定

長年愛用している迷惑メール対策ソフト「SpamSieve」が OS X Mavericks 10.9.2 アップデートに伴いアップデートされました。久しぶりに詳細を確認してみるとリモートトレーニングの仕様が変更になっているので新しい仕様に合わせ Apple Mail.app の設定を見直しました。

では、SpamSeive を Apple Mail.app がリモート・スパム・フィルタリングで使えるように設定してみましょう。iCloud アカウント( IMAP )を対象に書いてみます。

  • SpamSieve の Mail プラグインをインストール
  • Apple Mail – Remote Training – SpamSieve AppleScripts」よりスクリプトをダウンロードし、return {"Account 1"}Account 1 をアカウント名称に書き換え ~/Library/Application Scripts/com.apple.mail/apple-mail-remote-training.scpt へ保存します
  • リモート側に「Spam」メールボックス、「TrainGood」メールボックス、「TrainSpam」メールボックスを新規に作成します
  • Apple Mail.app 環境設定で「迷惑メールフィルタ」を無効にする
  • Apple Mail.app 環境設定で「SpamSieve – iCloud」新規ルールの作成
以下の「すべて」の条件に一致した場合:
アカウント:iCloud
すべてのメッセージ
以下の操作を実行:
メッセージを移動:移動先「リモート側の『Spam』メールボックス」
開封済みにする(オプション)
  • Apple Mail.app 環境設定で「Remote Training」新規ルールの作成
以下の「すべて」の条件に一致した場合:
すべてのメッセージ
以下の操作を実行:
AppleScript を実行:apple-mail-remote-training

これで設定は終了です。設定内容を画像で確認してみましょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

使い方は Mac(ドローン)で行う場合は Mail.app を起動して迷惑メールを見つけたらメッセージメニューから「SpamSieve – スパムとしてトレーニング」を実行します。iPhone では迷惑メールを「TrainSpam」メールボックスへ移動します。次回 Mac(ドローン)の Apple Mail.aap が起動した際に「TrainSpam」メールボックスにあるメッセージは SpamSieve が精査した後「Spam」メールボックスへ移動されます。あくまでも Mac(ドローン)の Apple Mail.app でしか処理されない点に気をつけてください。

AUGM in OITA 2014 まもなく!

モックアップ

今年も「大分のApple好きのためのイベント」を開催します。参加は無料ですが、席に限りがありますので事前登録制となっています(定員180名)。事前登録受付は1月26日(日)の20時に開始します。(本日です!)昨年のAUGM大分は、事前登録開始から、わずか3時間半の早さで、定員に達してしまいました。今年も早い段階で定員に達することが予想されますのでお見逃しなく!

みたいのは、Aの先。 – AUGM in OITA 2014