Safari Tidy plugin

ウェブブラウザSafariでソースを表示した際にHTML構文チェックを行ってくれるSIMBLプラグイン「Safari Tidy plugin」を試用してます。

インストールは、SIMBLプラグインディレクトリ (~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins) へプラグインをコピーしてSafariを再起動します。「環境設定=>Tidy」を表示させ詳細を決めます。通常は、デフォルトの設定で大丈夫です。

「表示メニュー=>ソースを表示」でソースウインドウを表示させるとウインドウ下部にチェック結果が表示されます。上図は、appling.jpホームページを例として表示してます。HTML5構文で作成されているのですが、charset属性、header要素、footer要素、を理解できないようですね。まだ、正式にHTML5が勧告された訳ではないので仕方ないのかもしれません。

Safari4プログレスをパイ型に変更

面白そうなのでやってみたけど、すぐに元通りに戻しました。

View a pie-chart-style progress indicator in Safari 4 Beta

ウェブページを読み込む際に表示されるプログレスをファビコンが表示される位置にパイ型のプログレスで表示させるというもの。デフォルトのプログレスが隠されてしまうのでリロードボタンが使えなくなってしまったのでやめました。

Safari4でjpeg拡張子がつくバグ

ウェブページで表示されている画像をデスクトップなどへドロップすると画像をダウンロードできますが、画像ファイルの拡張子が「jpg」となっていると「jpeg」拡張子が追加されて「jpg.jpeg」と表示されます。GIFやPNGなど他の画像フォーマットだと問題ないのでJPGに関してだけと思われます。これはSafari3時代のWebKit Nightlyでも同様の症状が出ていたので修正されないまま実装してしまったのかなぁと思ったりしてます。

Safari4で気をつけよう的な情報

Safari4パブリックベータがリリースされて数時間ですが、いろいろと問題も出ているようでまとめてみました。不具合も時間とともに解決されて行くと思います。

Safari 4 Public Betaのインストールでお困りの方へ – b.E233.net
Safari 4 メニューの文字化け解決策 : せつないぶろぐ
#398861 by Caius Durling (caius) – Pastie
Safari 4 Beta では Glims は使えません – E-WA’S BLOG
Safari 4 Beta

Safari4パブリックベータ公開

safari4.png

Safari4パブリックベータが公開されたので、早速インストールしたところ問題なく起動できて一安心。InputManagersプラグインをインストールしていると最悪起動できない状況になるので気をつけてください。

私の環境でInputManagersプラグインはInquisitorを入れていました。Safari4の起動は出来るもののプラグインは動作しなかったです。少しSafari4に触ってみたところ、Inquisitorの手を借りることもないかなぁとアンインストールしました。

uninstall_inquisitor.png

Inquisitorのアンインストール方法が分かりにくいのでスナップショットを載せておきます。

(追記: 2009-02-25T04:40:40+09:00)
オープニングムービーがかっこいいので真似てみた。

Safari4 テストアニメーション